ブログトップ | ログイン

姫路科学館 館長の独り言

いままでに、いったいどれだけの夢の魚が泳いだのだろう???

特別展「月の魔法とサンゴの海」
今日も、た~くさんの方にお楽しみいただいていま~す。
本当に、本当に、ありがとうございま~す。

f0191517_13201695.jpg
「いったい、これまでに、どれだけ、た~くさんの夢の魚が泳いだのだろう???」
ほんと、数えきれないほどの夢の魚が、映像の水槽の中を泳ぎましたよねぇ・・・
同じ魚やどこかで見たことがあるような魚ばかりが泳いでいたってつまらないですよね・・・
また、どんなに楽しい魚でも、一匹だけで泳いでいたら、これまた、つまらないですよね・・・
そうです!!
縁もゆかりもない人たちが、ここ姫路科学館の特別展で、奇跡的に出会い、そして、これまた、奇跡的に、同じタイミングで夢の水槽に、それぞれが夢描いた魚を泳がせる・・・
それが、幾重にも重なって、こんなに素敵な世界をつくっているんだよねぇ・・・
いつも、この水槽の前に立つたびに、そんなことを思います。
そして、その主役は、そう、夢の魚を描いてくださった一人一人・・・
そう、そこにいる、あなた~あなたで~す!!
本当に、感謝、感謝です!!


by himeji-science | 2017-08-20 13:29

"姫路科学館Now!!  館長の独り言!!    科学館の旬の情報、日々の出来事、発見、感動などを、独り言のようにつぶやきながら楽しくお伝えします。