科学作品展調査研究の部の授賞式を終えて・・・

今日、11月4日・・・
科学作品展(調査研究の部)の授賞式を、プラネタリウムにて行いました。
残念ながら、数名の欠席者がありましたが、会場は、温かい拍手につつまれ、受賞者にエールを贈る、心温まるひととき過ごすことができました。本当に、感謝、感謝です。

冒頭のあいさつでは、受賞者にエールを贈るとともに、ここがひとつの出発点・・・これからも、自分なりの着眼点や発想を大切に調査・研究を続けてほしいとのメッセージを贈りました。また、歌手の谷村新司さんが、とあるコンサートで、
「自分は、小さいころから星が好きで、夜な夜な、よく自宅を抜け出し、公園の滑り台に寝転んで夜空を眺めていた。だから、自分の歌には、星をテーマにした歌が多い。」
と語られていたエピソードに触れ、一見、天文や科学とミュージシャン・・・なんの、関係もないように思いがちだけど、すべては、つながている・・・自分の夢に向かってがんばってほしい・・・そんな、願いを伝えました。

f0191517_12270365.jpg

その後、本作品展に際して、例年、多大なご協賛とご支援をいただいております姫路東ロータリークラブ、篠原会長様より、多くの作品のなから受賞に至った受賞者の努力と栄誉を称賛いただくとともに、今後、夢は大きく、ノーベル賞受賞を目指して、さらに、調査・研究をつづけてほしいと、大きな、夢広がる、温かいエールを送っていただきました。


f0191517_13020443.jpg

授賞の場面では、そりゃそうでしょう・・・どことなく、緊張気味の足取りで前にでてくる、未来の科学者たち・・・
ひとりひとりに、心を込めて賞状を・・・
そして、例年、多大なるご協賛、ご支援をいただいております、姫路東ロータリークラブ、篠原会長様、宗接奉仕委員長様より、審査員奨励賞の賞状、盾の授与ならびに各賞のメダルを授与いただきました。
ご多用なか、誠にありがとうございました。

f0191517_12405908.jpg

f0191517_12412699.jpg

f0191517_12415728.jpg


f0191517_12422526.jpg

また、授賞式の締めくくりにあたって、ご多用のなかご臨席いただいた姫路市中学校教育研究会理科部会会長の岩崎校長先生よりご講評をいただきました。
岩崎校長先生からは、審査にあたっての着眼ポイントと、いくつかの受賞作品等を取り上げていただきながら、継続調査や自分なりの着眼点をもって、問題解決の過程を踏んだ研究を行うポイントやその視点について、価値づけ、意味づけを行っていただき、次のステップにつながるご講評をいただきました。
ご多用のなか、誠にありがとうございました。

f0191517_12523910.jpg

受賞された、未来の科学者たち・・・
本当に、本当に、おめでとうございます!!
調査・研究も日進月歩・・・
ひと昔前の夢物語は、今の、現実に・・・そして、よりよい未来へとつながっています。
今回の受賞を、決してゴールとせず、未来に向かって、夢に向かって、歩みつづけてくださいね。

f0191517_13011714.jpg



f0191517_13013746.jpg



そして、そして・・・
百聞は一見にしかず・・・
科学作品展の会場には、多くのひとが・・・
「あぁ、こんなテーマで、こんなふうにまとめればいいんだな!!」
というハウツーとしてとらえるのではなくて・・・
「あぁ、こういう着眼点があったかぁ・・・こういう想いでこの研究に取り組んでいるんだな・・・よし、自分ならこういう視点で研究してみたいなぁ・・・」
などなど・・・
作品との対話を楽しみながら、ぜひぜひ、次のチャレンジにつなげてもらいたいですね。
今、作品展の扉をくぐったみなさんは、立派な、立派な、未来の科学者たちです!!
これからの活躍に大いに期待していますよぉ・・・


f0191517_13320147.jpg

by himeji-science | 2017-11-04 13:04