カテゴリ:館外イベント( 33 )

今日、姫路の北、安富西保育所で『わくわく移動サイエンスショー』を行いました。
予定では、今年度最後の移動サイエンスショーとなりました。

最後は、盛り上がる「空気」
巨大空気砲は、どこへ行っても大人気。
f0191517_16491778.jpg
空気が、輪になって飛んでいく様子がよくわかります。
下の写真は、輪がどう動いているのかわかりやすくするために、荷造り用のテープを細く切り、輪と一緒に飛ばしているところです。

♪大きいことはいいことだ~♪
こんな曲が昔ありましたが、子どもたちにとって、
「よく見える」「迫力がある」「わかりやすい」「すげ~」
と、印象に残ったようですね。
別の園では、先生が、
「作ってみよう!」
と言って、内部の構造をカメラに収めておられました。
参考になれば、幸いです。

空気の流れの力を見てもらうために、こんな実験もいつもしています。
f0191517_16570924.jpg
ブロワーでペットボトルを浮かしたり、発泡スチロールを雪のように降らしたり、みんな大騒ぎでした。


10月から始まった『わくわく移動サイエンスショー』
参加してくれた子どもたちは、約5,500人。
「おもしろかった」「不思議やった」「楽しかった」「わ~」
子どもたちの素直な言葉が、聞かれ、そのまま理科好き、科学好き、実験好きに育ってくれればと願います。

「科学館がオープンしたら、また来てね」
というと
「うん、また、行く!!」
と元気に応えてくれました。   待ってますよ~


by himeji-science | 2016-03-15 17:07 | 館外イベント

東日本大震災が起きた3月11日(金)。星の子ステーションで大規模な非難訓練が行われました。
姫路西消防署から、大きな梯子車も来て、建物に向かって放水を行いました。この梯子車は、西日本一だとか。
f0191517_17104767.jpg
建物から、人命救助のため、壁をスルスルと降りる訓練や負傷者(と見立てて)を担架で運ぶ訓練も行いました。

近くの青山小学校の児童も参加し、署員の方から話を聞いていました。
また、なかよしホールに来られていた小さい子どもとお母さんも救急車の中を見せてもらい、興味深く話を聞いていました。

訓練の様子を見ながら、隊員のみなさんのきびきびした動きを頼もしく思う反面、梯子車や隊員の方の出番が必要な火災や災害がおきないことを祈りました。

帰りに学校に掲げられた半旗をながめながら、
「愛する家族を亡くされた方にとって、時が解決することはない。私たちの使命は、災害のことを語り継ぐことや」
と深く思いました。


by himeji-science | 2016-03-14 17:27 | 館外イベント

3月5日(土)に姫路少年少女発明クラブの今年度最後の活動と閉講式が行われました。

子どもたちは、1年間のまとめをします。PCを使いまとめていくのですが、小さい学年の子は、キーを打つことに慣れていないので、時間がかかりました。
1年間、活動の様子を撮った画像の中から、自分が写っている画像を1枚だけ選ぶのですから、画像を選ぶだけでも時間がかかりました。

文章を打つのもなかなか難しかったようです。
指導者の方から
「一番困ったこと、何?」
とアドバイスを受けながら、ようやく完成しました。
f0191517_09360346.jpg
最後に、一人ひとり発表して終わりました。

発表を聞いていると、ライントレーサーが難しかったを発表した人が多かったですが、
「回路づくり、ラジオなど、もっとレベルの高いものを作りたい」
「ロボットを作りたい」
「全ておもしろかったけど、難しかった。自分で考えて一人でつくりたい」
のように、前向きな意欲をもった発表をしてくれる人もいました。
f0191517_09521554.jpg
“クラブ”の趣旨に沿い、来年度も創造的な活動ができれば、粘り強くやり遂げる力、創造する力、作る技術力、学校以外の仲間をつくるコミュニケーション力、など様々な力がついていくと思います。この発明クラブを卒業した人が、やがて「ものづくり」の道へ進んでくれればうれしいですね。

指導者の皆様、1年間ありがとうございました。
来年度もよろしくお願いします。

by himeji-science | 2016-03-07 10:08 | 館外イベント

2月20日(土)に『姫路きょういくメッセ』に行き、「ちょっとだけ文学館」を見た後、総合教育センターの2階、3階で開催されている自作教材教具や学校園教育実践紹介を見てきました。
f0191517_15502960.jpg
教材教具の方は、授業の中で、できるだけ子どもたちの理解が深まるよう、楽しく学べるように工夫された作品が多数並んでいました。
その作品から、先生方が楽しく作っている姿が浮かんできました。
ICTのコーナーでも、教室での学びがこんなに変わっているのかと、びっくりします。

また、各学校園の取り組みでは、模造紙大かベニヤ板大の大きさにまとめられ
「がんばってるな!!」
と思ってしまいました。
姫路市立のこども園、幼稚園、小学校、中学校、高等学校の取り組みが、一堂に会し、圧巻でした。
f0191517_16224746.jpg
各学校園の取り組みが一目でわかり、子どもたちのいきいきした活動が目に浮かぶようでした。


by himeji-science | 2016-02-22 16:24 | 館外イベント

2月20日(土)に開催された姫路きょういくメッセの『ちょっとだけ文学館』に参加しました。

最初に、リニューアル後にどう生まれ変わるかをスライドを交え解説されました。
f0191517_11101818.jpg
姫路城歴史ものがたり回廊や文人の紹介、播磨に特化した文人の紹介などが、深く理解できるようになっているようです。

その後、3つのテーマに分かれ授業が展開されました。
♪キン~コン~カン~コン♪
のチャイムが鳴ると授業の始まりです。
f0191517_11172656.jpg
テーマ①新見南吉「ごんぎつね」、テーマ②夏目漱石 加古川の小学生への手紙、テーマ③『万葉集』と姫路 の3つのテーマで学芸員の方が20分間の授業を行いました。
みなさん熱心に聴かれていました。私も大変興味深く聴かせていただきました。
f0191517_11215362.jpg
会場には、姫路城歴史ものがたり回廊もあり、興味が尽きませんでした。

「播磨国風土記」の展示もあり、その解説を聴きながら、当時の播磨人がどのような暮らしをしていたのか思いを馳せることができました。

現在は、科学館と同じで工事中です。オープンまでまだまだありますが、どんな展示になっているのか、待ち遠しい気分になりました。
文学館がオープンした時は、みなさんも是非行ってみてください。


by himeji-science | 2016-02-22 11:31 | 館外イベント

昨日、今年度最後の移動天文教室を御国野小学校で行いました。
所用で行けなかったので、広畑で空を見上げていましたが、

「ありゃ??」

見る間に雲がかかり、あっという間に月を隠していました。
しばらくして、空をのぞくと、
「おっ!出た」
と思い、三脚とカメラを用意し、外へ出ると、
雨。

「最後なのになんてことだ」
と思いながら、うらめしく空を見上げました。

ちなみに、移動天文教室そのものは、なんとか出来たようです。
子どもと保護者を含めて、200人ぐらいの参加があったようです。
やはり、専門の人の話を聞いたり、操作を教えてもらうと、
「なるほど!」
と思いますね。

来年度も実施しますので、奮って応募してほしいですね。

写真は、上手く撮れませんでしたね。
携帯で摂ろうとしましたが、使い方がよくわからなく、全くだめでした。
「ここ!」
という時にばっちり撮れるよう、練習しないとだめですね。

by himeji-science | 2016-02-17 13:33 | 館外イベント

1月15日の金曜日に、八幡小学校で移動天文教室を行いました。
月がとてもよく見えました。子どもが
「影のところが見えとうで」
と言っていました。影の部分が見えていたようです。よく見てますね。
f0191517_17351760.jpg
運動場の南には、姫路バイパスが走っているため、バイパスの明かりで観察にはちょっと不向きでした。
校長先生も来られていて
「バイパスがねえ」
と残念がられていました。
でも、本当に月は美しく見ることができました。
私もスマホで撮影しようとしましたが、列が途切れることがなく、撮影は断念しました。

今年度の移動天文教室は、2月15日の糸引小学校と16日の御国野小学校の2回となりました。
どちらも観測できるといいんですが・・・。


by himeji-science | 2016-01-18 17:42 | 館外イベント

寒くなってきました。
寒くなると登場するのが「静電気」の実験です。

わくわく移動サイエンスショーでも、静電気の実験をするのですが、練習のときに上手くいかない時がよくあり、SAは悩んでいました。
「静電気の実験は、静電気が上手く起きないことがあるから、いややわあ」
という声を聞きます。
『静電気が起きないかもしれないからいやだ、じゃなくて、静電気のビリビリ、パチパチがいやなんやろな』
と思っていますが、口には出さず、私はひたすら
「楽しくやろう!」
と、声をかけています。
f0191517_12425371.jpg
冬場の乾燥している時に、
車のレバーを持って『バチッ』
家のドアに触れて『バチッ』
セーター脱いで『パチパチ』
痛い目にあったことは、誰もがあるでしょうね。
実験ショーとしては、よくやられているのですが、する側は、おそるおそる、体が半分逃げているのがよくわかりますね。

これからおじゃまする保育園や幼稚園で、内容がまだ決まっていないところは、是非
「静電気で!お願いします」
とリクエストしてください。

楽しい実験ショーを見ることができますよ (^_^)

by himeji-science | 2016-01-15 12:50 | 館外イベント

寒くなってくると、
「バチッ!」
と来る、静電気。
静電気を恐い、嫌だなと思う人も多いと思います。
でも、これを『実験ショー』にすると、結構面白い実験ができるんですよ。

わくわく移動サイエンスショーで、保育園や幼稚園、小学校に行っていますが、寒い時期に「静電気」のショーを行うことがあります。
今は、練習の真っ最中!
f0191517_14405994.jpg
青山小学校の理科室を借りて練習しています(科学館が工事中のため、実験の練習をする場所がないので・・・悲しい)

目に見えない静電気は、みんな苦手のようで(私も苦手です)、練習中も腰がひけています。
「わ~!恐い」
「大丈夫かな?」
「いややな」
という声が響きます。(練習中ですから許してください)

どんな実験ショーかというと
それは、お楽しみ。

私も
「へえ~」
っと、思うことがいくつもありましたよ。

寒く、乾燥した季節には、もってこいの実験ショーですね。


by himeji-science | 2015-12-25 14:47 | 館外イベント

12月19日(金)に白鷺小学校で移動天文教室がありました。
前日に伊勢小学校であり、どれだけ星の見え方が違うか、楽しみにいきました。

行ってみると、思っていたより随分明るいことに驚きました。
f0191517_17095391.jpg
運動場からぐるっと写すと、マンションやビルの明かり、駅前の明るさ影響してか、伊勢小学校で見た星空とは全然違っていました。
おまけに、少し雲があり、観測にはいい条件とは言えなかったですね。
でも、熱心な方が多数来られていて、寒い中でも望遠鏡をのぞいていました。
f0191517_17142624.jpg
行って初めて知ったのですが、この日は、大変珍しい日だったそうです。
『月面X(エックス)』が見えるとのこと。
天文ファンの中でちょっと話題らしいです。
月が欠けているところをよく見ると
『X』
が見えるんです。
望遠鏡をのぞくと本当に「X」が見えるんです。
「あっ!見えた!!」
と思わず声を出してしまいました。

次は、やっぱり撮影したいですね。
ところが、なかなか写せない(涙)
f0191517_17191194.jpg
徳重係長が、私が苦労している姿を撮ってくれたのが、この写真。
コメントには、
『苦労してますな。』
とありました。

本当に難しかったんです。

ところが、見に来られていた方もどんどん撮りだして、上手に撮れているんですよ(悲)
デジカメで撮ろうとしたら、なかなか撮れなくて、スマホで撮ってみました。
f0191517_17251901.jpg
これでは、ちょっとわかりにくいので、デジカメで専門家に撮ってもらいました。
f0191517_17262226.jpg
角度は違いますが、ちゃんと「X」が写っています。

いつでも見えるわけではなく、次回は、来年の2月15日22時前後だそうです。

星の子館・天文写真と観測報告「月面X」に以前のものっているので、一度見てみてください。

by himeji-science | 2015-12-21 17:39 | 館外イベント