造形・造作物の立ち会い検査にいってきました!!

f0191517_1048501.jpg 3月27日(金)に京都・滋賀まで、常設展示2階・4階部分に設置する造形・造作物の立ち会い検査に行ってきました。2階のタイムトンネル・水辺の自然に設置するジオラマや4階の惑星の造作物が予想以上の出来栄えになっているのに感心しました。妥協を許さない科学館の注文にできるかぎりの努力・苦心の跡がうかがえる仕上がりになっていました。でも、館職員は満足しながらも、さらに製作者に注文をしました。業者は苦笑いしながら、次回までに今以上により良いものにすることを約束してくれました。
f0191517_10491543.jpg 業者は本当に頑張ってくれています。館職員もそれに負けないよう新しい展示装置の有効な展示はどうあるべきかをしっかり考え、オープンに備えていかなければならないことを自分に言い聞かせながら、姫路に戻ってきました。

by himeji-science | 2009-03-31 10:49

なんと驚き、姫路科学館 サクラ(ヤマザクラ)開花宣言!!

f0191517_19584767.jpg 朝、姫路科学館に来てビックリ!科学館の敷地内にあるヤマザクラの花が咲いているんです。それも1輪や2輪ではなく、平均して5分から6分咲いているんですよ。人工池そばのものは、もう満開に近く咲いているんですよ。
 私の自宅近くのサクラ(ソメイヨシノ)はまだ咲いていないのに(つぼみはかなりふくらんでいますが・・・)、本当に驚きです。サクラの開花時期は、立春からの最高気温の積算温度が540度になる時点が開花というデーターがあります。今年は温かかったので、開花は早いと思っていましたが、こんなにも早くなるとは思いもしませんでした。(例年であれば3月31日前後が開花なのに・・・)
 おかげでちょっと困っています。それは、4月5日(日)の科学館周辺のさくら探勝会(申し込みは3月30日まで、問合せ先 杵屋 西夢前台店 079-266-3675)にはヤマザクラの花がまだ見られるかどうか・・・・。(見られない場合は、科学館周辺の春の山を散策します。)

by himeji-science | 2009-03-23 20:03 | 植物

初実施、姫路ロボ・チャレンジミニ!!

f0191517_19555919.jpg 3月21日(土)午前10時より、姫路市民会館4階第6会議室において、姫路ロボ・チャレンジミニを実施しました(姫路科学館・姫路ソフトワークス共催)。
 このイベントは、姫路科学館で行っている「姫路ロボ・チャレンジ」競技参加者のレベルアップを目的に今回より新しく企画されたものです。科学館は現在リニューアル工事で休館(7月31日まで休館)しているため、市民会館で行いました。参加台数を心配していましたが、23台の参加があり、上々の滑り出しとなりました。
f0191517_19567100.jpg 高校生による技術講座の後、スタンダードクラスとエントリークラスのロボットが5000mm走(完走した場合は走行2分内の走行距離と完走時間を測定)・自律競技(2分内に3つの大きさの違う球を感知し、ステージから落とす。3つ落とした場合はその時間も記録)・ロボットバトル(姫路ロボ・チャレンジミニならではの、スタンダードクラスとエントリークラスが混ざってのバトル)が行われました。3つの競技の1位は次の通りです。
・5000mm走:エクセリオン(はっしー) 記録31秒 
・自律競技:エクセリオン(はっしー) 記録29秒
・ロボットバトル:カレント(中村三姉妹)
  次回は5月24日(日)に2回目を予定しています。楽しみです。

by himeji-science | 2009-03-23 19:56 | 館内案内

4階常設展示解体撤去ほぼ終了!!

f0191517_192354.jpg 3月11日(水)には、まだあったスペースシアターも完全に解体され、4階の展示装置はすべて撤去されました。わずか1週間で、写真のように広々としたフロアーだけになりました。そして、どの階も解体撤去が進み、クレーンで館外に搬出しています。


f0191517_193078.jpg 館長室で仕事をしていても、日増しに工事の大きな音が聞こえてきます。4月より新しい展示装置が設置されていきます。わくわくドキドキです。

by himeji-science | 2009-03-18 19:02

休館中も科学館職員はがんばっています!!

f0191517_13484272.jpg 帰宅すると、祖母が「ご近所の○○さんが、お宅の息子さん(=私)、休館中はどこへ働きに行ってるの?と聞いてきたよ。」と言うんです。(祖母はその方に、休館していてもこれまで以上に忙しく科学館で仕事をしている旨を伝えたようです。)また、知人からも「休館中、どんな仕事をするの?ひまじゃないの?」と度々言われたりします。

この機会に、誤解をしっかり解いておきたいと思います!

○休館中、休止していること
 ・来館者の観覧(常設展示及びプラネタリウム)休止(~7月31日まで)
 ・特別展示室、実験室、工作室、講義室の使用休止(~7月31日まで)
  ※8月オープン後の団体予約受付休止(3月・4月いっぱい)
  ※工事車両の出入りのため、科学館表駐車場の使用禁止(~7月31日まで)

○休館中、休止していないこと(科学館の業務・活動)
 ・学芸普及活動(サイエンスエキスパート講座・移動科学館・移動天文教室など)
 ・サイエンスパートナーシップ事業の実施(高等学校との連携)
 ・20年度の事務業務
 ・収蔵資料の整理
 ・サイエンスアテンダントの育成
 ・21年度実施するイベントの準備と広報活動
 ・プラネタリウムの番組制作

○休館中、増えたこと(リニューアル関連)
 ・新常設展示装置に係る館職員の研修・活用方法のマニュアル作り
 ・新常設展示装置を活用した小中学校の教職員研修とガイドブック(一般用・学校用)作成
 ・工事に係る業務(業者との打ち合わせ・現場確認・リニューアルに係る事務文書業務など)

などなど…
 このように、休館中に休止するのは、科学館に来られるお客様に係る内容のみで、それ以外の業務はすべて行っているということです。しかも、リニューアルすることで、それに係る業務およびリニューアル後の科学館をどう運営していくか・8月1日にリニューアルオープンすることを休館中どう広報していくかなど、館職員全員が忙しく勤めています。

by himeji-science | 2009-03-13 13:56

解体撤去・搬出始まる!!

f0191517_14434928.jpg 3月1日(日)より休館してから、もうはや10日余りが経ちました。
 館職員は、業者に工事区域を受け渡す準備(リニューアル後にも使用する備品の移動・16年間分の廃棄物・文書の整理など)や業者との打ち合わせや20年度の文書処理などに予想以上に忙しい日々を送っているのですが、1階エントランスホールは2月28日(土)までのお客様の賑わいとうって変わって、ひっそりとしていました。
f0191517_14414476.jpg でも、駐車場に工事事務所が設置され、また、解体撤去・搬出に必要な用具・用材の館内への持ち込みと養生が始まり、館内の様子が一変しました。そして、9日(月)から、2階地形模型の搬出・4階屋上太陽望遠鏡の撤去が始まりました。今まであったものがどんどん取り壊され工事が進んでいきます。今月いっぱいは解体撤去・搬出になります。慣れ親しんできたものがなくなっていく様子に寂しさを感じている今日この頃です。

by himeji-science | 2009-03-11 14:45