山之内小学校の閉校式に行ってきました!

f0191517_133391.jpg昨日(3月28日)、私が科学館に赴任する前に勤務(H17.4.1~H20.3.31)していた姫路市立山之内小学校の閉校式にいってきました。山之内小学校は過疎化による児童数の減少によって、現在児童数20名で完全複式学級(全学年で3クラス)という過小規模校で、今後も児童数の増加が望めないため、開校から134年をもって山之内小学校としての幕を降ろし、平成22年4月から姫路市立前之庄小学校に統合されることになりました。
f0191517_1335438.jpg市村校長と全児童から松本教育長に校章旗を返還する時、そして、全児童・卒業生・教職員による呼びかけ(ありがとう山之内小学校)の時など、何とも表現しようのない寂しさで胸がいっぱいになりました。山之内小学校そして山之内校区は、文部科学省唱歌「ふるさと」の歌詞とぴったりの学校・地域です。地域住民にとって心のよりどころ・心のふるさとのようなところです。私自身も教育の原点について考えさせられる学校でした。心から「山之内小学校、ありがとうございました。」と言いたいです。
 山之内小学校はなくなりますが、「山之内地域は新しい一歩がスタートする」「山之内校区のすばらしい自然環境はこれからもなくならない」ことを願い、また、時間を見つけて山之内に足を運びたいと思います。山之内小学校お疲れさまでした。

by himeji-science | 2010-03-29 13:05 | 想い

ヤマザクラがもう花を咲かせています!

f0191517_1330719.jpg 昨年も例年に比べヤマザクラの開花が早いと思いましたが、今年もそれ以上に早いことに大変驚いています。科学館前の池(上池)のほとりのヤマザクラが写真のように一斉に花を咲かせています。19日(金)に見たときは、まだ数輪しか開花していなかったのですが、今日(21日)見てビックリです。昨日の昼間の暖かさ、夜中の雨、そして今日の陽気が、まるで花咲じいさんが花を咲かせるように、あっという間に木一面に淡いピンク色の花を咲かせているんですよ。

f0191517_13303456.jpg もう一週間もすると、科学館周辺の山々(桜山)がヤマザクラの花の色で、淡いピンク色に染まります。是非、科学館にお越しいただき自然の美しさもご覧いただきたいものです。

by himeji-science | 2010-03-21 13:31 | 植物

姫路市立動物園から貴重な剥製と骨格標本をお借りしてきました!

f0191517_12509100.jpg 3月20日(土)から1階特別展示室において「カジル展」(~5月10日)を行います。今回の特別展では、姫路市歯科医師会・姫路市立水族館・姫路市立動物園にご協力をいただき、「どんな歯なの?」「何を食べるの?」など、歯を通して見る動物(ほ乳類・は虫類・両生類など)の姿をしっかりご覧いただこうと思っています。

f0191517_12503961.jpg このカジル展に向け、先日(15日)に姫路市立動物園に出向き、動物園が展示、保管されているチンパンジー・ツチブタなどの大変貴重な剥製・骨格標本をお借りしました。その日の運び出す様子を動物園のブログにも掲載していただいておりますが、決して泥棒(?)ではありませんのでご安心ください。姫路科学館でしっかりお預かりしています。

 準備の様子を見ていますが、随所に工夫が施されています。たいへん面白い展示になっていますので、是非、ご覧いただきたいと思っています。お待ちしています。

by himeji-science | 2010-03-18 12:53 | 館内案内

オリジナルのスタンプが捺せるエコバックを販売!

f0191517_15194619.jpg 3月27日(土)より、ミュージアムショップでエコバッグを販売します(価格は100円、350円の2種類があります)。
 これらのエコバッグをお買い上げの場合、ミュージアムショップオリジナルのスタンプ(サクラ、アゲハチョウ、モンシロチョウ、カワセミなどの図柄)を捺すことができます(このスタンプには洗っても落ちないインクを使用しています)。そして、この価格には、日本野鳥の会への還元金が含まれています。この意味で二重に環境に配慮した商品ではないかと思います。私も是非一つ購入しようと思っています。
 また、27日には、友の会主催の「桜探勝会」があります。参加費は大人2000円(花見弁当代・エコバッグのお土産代・サクラ餅・コーヒー代)です。こちらにも是非参加してほしいものです。締め切りは20日(土)です。(連絡先:友の会事務局 TEL267-3960)

 2008年9月26日にブログ「館長の独り言」をスタートしてから今回で100回になりました。1年で100回掲載を目標にしていたのですが、1年半かかってしまいました。この間、たくさんの方から「館長、ブログ見ましたよ。」「ブログ楽しみにしていますよ。」と声をかけていただきました。そう声をかけていただいた時は、「ブログ見てくれているんだ、よかったな。次もがんばろう。」と内心うれしくなっていました。でも、お客様に伝えたいことや思い(科学の情報・感動したこと・うれしかったこと・楽しかったこと・悲しかったことなど)がもっとあったのでは…と反省しています。難しく考えないで(肩の力を抜いて)1回でも多くブログに掲載したいと思います。

by himeji-science | 2010-03-14 15:21 | 館内案内

春の訪れを感じる今日この頃!

f0191517_14432082.jpg おととい(10日)、午後7時30分過ぎに帰ろうと思い、科学館の外に出ると、「あっ、春の山の匂いだ!」と思わず独り言を言ってしまうほど独特の匂い(姫路市周辺のアカマツ林独特の春の匂い)が鼻を刺激しました。
 「昨日まではまだこの匂いを感じなかったのに・・・・。」人によってはこの匂いを好ましい匂いと感じないかもしれませんが、私は春の訪れを感じる匂いとして一種の親しみを持っています。この匂いの正体は、アカマツ林やコナラ林に自生しているヒサカキの花の匂いなのですよ。写真のように枝にびっしりと下向きに一斉に花を咲かせます。しかもこの木は、姫路市周辺の山には数多く自生しているので、この花が咲く春先の一定期間、山周辺にはこの匂いが漂います。
 この他にも、今、科学館周辺ではウグイスが美しく鳴いています。また、夢前川沿いのサクラ(ソメイヨシノ)の開花のたよりも聞こえてきています。日に日に春を感じる現象が見られるようになります。自ずと気持ちも明るくなる今日この頃です。

by himeji-science | 2010-03-12 14:44 | 植物

宇宙帰りカイコ育てています!(その2)

 姫路科学館で育てている宇宙帰りカイコに新たな変化が現れてきました。21日(日)、フライト群・地上対照群とも成長の早いカイコが糸をはいて繭を作ろうとする兆候が見られると報告しました。24日には、それらのカイコ(繭を作るために部屋をしきり、網を張ったところに入れておいたカイコ)を覗いて見ると、フライト群・地上対照群とも繭を作ったカイコがありました。地上対照群のカイコの繭の方が少しきれいように思えます?が、もう少し様子を見ないと何とも言えないようにも思えます。(まだ繭の数が少ないので結論付けられません。)また報告します。
(左:フライト群、右:地上対照群)
f0191517_10245799.jpg

by himeji-science | 2010-03-01 10:25 | 館内案内