まだまだサクラが見られます!

f0191517_20104322.jpg 科学館の南側に人工池がありますが、その人工池の西側手前に、写真のように26日現在満開状態のサクラを見つけました。「ヤマザクラ・ソメイヨシノはもうとっくに終わっているのに・・・・・。」と思いながら、よくよく調べてみると、カスミザクラ(ケヤマザクラ)でした。ヤマザクラに遅れて花を咲かせるとは聞いていましたが、また、18日(日)に香美町に出かけた時に現認もしていたのですが、こんな身近な所(人工池西側・科学館裏の駐車場入り口)にあるとは思いもしませんでした。このサクラはヤf0191517_2015302.jpgマザクラと違って、花柄に毛があることやがくの縁に鋸歯があることから見分けがつきます。
 意識しながら周りを見てみると、自然観察の森にもこの種があることが分かりました。「注意して見てみることだ」とつくづく思いました。
このブログを見られる皆さんにお願いがあります。姫路科学館の平成22年度の企画展の一つとして、平成23年の3月19日から3月31日にかけて「日本のサクラ展」を行おうと企画しています。この企画展では全国のできるだけたくさんのサクラを紹介したいと思っております。
自分の足でできるだけ資料を集めたいと思い、時間の許す限り出向いたのですが、九州(沖縄を除く)・四国・中国地方のサクラの写真やサクラに関する資料があまり集められていません。下記のものを姫路科学館までご提供いただけませんか。(1,2についてはCDに取り込んでいただきお送りいただければありがたいです。)
1.それぞれの県で有名なサクラの名所や国あるいは県の天然記念物となっているサクラの全景の写真(デジカメ撮影のデーター)
2.そのサクラの花の様子がわかる写真(同上)
3.そのサクラに関する資料(パンフレット・文献など)

by himeji-science | 2010-04-26 20:17 | 植物

プラネタリウム入口に新しい表示が加わります!

f0191517_2022591.jpg 明日(24日)から、プラネタリウム入口に一般番組・家族番組と生解説の内容がわかるポスター(縦180cm、横50cm)がお目見えします。ここに設置した理由は、科学館に来られたお客様が1階エントランスでしばしば「プラネタリウムはどこですか?」と尋ねられるのを少しでも解消しようと考えたからです。このポスターは、兵庫県立姫路工業高等学校のデザイン科のご協力により、生徒のf0191517_2045891.jpg皆さんがすばらしい色彩感覚・センスの良い美的感覚をもって描いてくれたものです。
 是非、科学館にお越しになって、まず姫路工業高校のデザイン科の生徒さんの見事なポスターを見て、そして、プラネタリウムの投影をご覧になっていただきたいものです。お待ちしております。

by himeji-science | 2010-04-23 20:09 | 館内案内

宇宙帰りカイコのその後!

3月1日に「宇宙帰りカイコ育てています(その2)」を掲載してから、その後の様子をまったくお知らせしていませんでした。実は、フライト群と地上群とでは、幼虫の成長速度・大きさ・色、繭(まゆ)の形・大きさ・色、さなぎの大きさ・色、成虫の大きさ・色などの違いが出るのではと観察していたのですが、期待に反して、ほとんど変化がみられませんでした。(写真参照)
 でも、結果がどうであれ、変化が見られなくても最後までお知らせすることが大切であるのに、お知らせしていなかったことを深く反省しています。飼育したカイコは今、写真のように標本にして科学館に保管しています。この標本の使い道をこれから考えたいです。
(左:フライト群、右:地上群)
f0191517_11334484.jpgf0191517_11365136.jpg 


f0191517_1139233.jpgf0191517_11392778.jpg

by himeji-science | 2010-04-21 11:40 | 館内案内

本日、サイエンスショーデビュー!

f0191517_1521214.jpg 新人SA(サイエンスアテンダント:科学の案内人)が、今日(4月17日)初めてお客様の前でサイエンスショー(「びっくり、どっきり、おもしろ実験」)を行いました。前日まで先輩SA、指導主事はじめ学芸担当職員の指導を仰ぎながら研修を繰り返し、サイエンスショーデビューをしました。最初は緊張した面持ちでしたが、実験が進むにつれ表情もやさしさを取り戻し、お客様に上手く科学のおもしろさを伝えていました。
 今年度は新人が5人いますが、これから次々とデビューしていきます。同じ実験でも実験者によってお客様の感じ方が違います。サイエンスショーは、3階サイエンスシアターにおいて毎日2回(11:10~、15:00~ どちらも約20分間)行っております。是非、科学館にお越しになってこのサイエンスショーをご覧になってください。

by himeji-science | 2010-04-17 15:19 | 館内案内

山之内小学校から手作りの木製テーブルを譲り受けました!

f0191517_16284481.jpg 3月31日をもって廃校になった姫路市立山之内小学校から、手作りの木製テーブルを譲り受けました。科学館に来られたお客様の中には、天気の良い日(春や秋など季節的にも良い日)には科学館の外でお弁当を召し上がられる方もたくさんいらっしゃいます。これまで、いくつかの長椅子はあったのですが、お弁当を広げるテーブルはありませんでした。そんな折、写真のようなテーブルはいらないかと声をかけていただき、二つ返事で「ほしい!」と回答し、3月31日にいただいてきました。科学館の車で取りに行ったのですが、そのままでは車の荷台に乗らないので、分解して持って帰ってきました。悪戦苦闘しながら分解したのですが、組み立てを設備の方にお願いしたところ、わずか1時間余りで3台を組み立ててしまいました。組み立てられたテーブルを目にして、感心するやら、「あの分解にかかった手間は何だったのか。」と自分の不器用さにあきれるやら、ちょっと複雑な気持ちでした。
 でも、「きっとこれら3台のテーブルは、お客様に喜んでいただけるだろうな。」と、お客様が楽しくお弁当を広げられている姿を一人思い浮かべています。科学館入口左側の池のそばに設置しています。天気の良い日に是非ご利用ください。

by himeji-science | 2010-04-09 16:31 | 館内案内

ヤマザクラに続いてコバノミツバツツジが美しい花を咲かせています!

f0191517_14373195.jpg 3月28日(日)のサクラ探勝会の時に、竹の小径(星の子館からこどもの館へと続く自然散策道)で、2株ほど花が咲いているコバノミツバツツジを見かけたのが今年初めてのものでした。それが7日(水)現在、科学館周辺のアカマツ林・コナラ林のいたるところで、紅紫色の花を枝いっぱいに咲かせています。このあたりでは、最も早く花を咲かせるツツジです。
 増位山・広嶺山をはじめ姫路市周辺の山々でもよく見られます。ハイキングがてらに里山の春を彩るコバノミツバツツジの花をゆっくりご覧いただきたいものです。

by himeji-science | 2010-04-07 14:38 | 植物

シダレザクラも満開になりました!

f0191517_17141714.jpg3月21日に姫路科学館前(上池のほとり)のヤマザクラが枝いっぱいに花を咲かせたことをお知らせしましたが、今日(4月3日)現在ではそのヤマザクラの花も散り、それに代わって駐車場前のシダレザクラが満開になっています。ヤマザクラとは違ってピンク色が濃く、また、名の通りしだれた枝に花がたわわについています。例年に比べ思いのほか美しいように思います。
また、科学館周辺(桜山)のヤマザクラもピークを迎えたように思います。姫路城のサクラ(ソメイヨシノ)もお城を背景に大変美しいと思いますが、山に自生するヤマザクラの花も風情がありますので、是非ご覧いただきたいものです。

by himeji-science | 2010-04-03 17:15 | 植物