f0191517_17123665.jpg 昨日(28日)、宇宙のお話し会で、8月24日(火)の満月:「2010年の最も暗くて小さい満月」について館職員がお話をしました。
 話によると、この日に最も小さい満月に見えた理由は、月が遠地点(地球から最も遠い地点:約40万6389㎞)に25日の午後3時ごろにさしかかるためだそうです。ちなみに、2010年最も明るく大きく見えた1月30日の満月と比べて、見かけの大きさで約12%も小さく見えたんだそうですよ。同じ満月でも時期によって大きさが違うなんて、日頃はそんなことを意識しながら見ないですね。
by himeji-science | 2010-08-29 17:15

f0191517_16535044.jpg 姫路科学館入口前(星の子館入口にあるプリムラを表示する看板横)の竹林のそで部分に白い小さな花をたくさん咲かせている植物が、この4,5日前から気になっていました。就業時前に近くまで行って確かめたところ、センニンソウ(キンポウゲ科)でした。果実には白い毛があり、これを仙人のヒゲに見立てたところからこの名がついたそうです。4枚の花弁に見えるのはがく片で、本当の花弁はありません。他の植物に倒れかかりながら覆いf0191517_1654248.jpgかぶさっています。咲いているさまは、なかなかきれいですよ。
by himeji-science | 2010-08-28 16:54 | 植物

f0191517_14394315.jpg 20日(金)~22日(日)、お休みをいただいて、東広島市西条で開催された生活科・理科西日本ブロック特別研修会に参加してきました。この研修会の初日(20日)に酒蔵見学が計画されていました。酒蔵に到着して最初に目についたのが、軒先につるされた綺麗な緑色をした杉玉(酒林ともいう)・茶色くなったスギ玉でした。このスギ玉は、日本酒の造り酒屋などで、新酒ができた時に酒の神様に感謝を捧げる意味・スギの葉は酒の腐敗をなおすf0191517_1443399.jpgという説から軒先につるされるのだそうです。始め緑色をしていたものが茶色に変わっていくことから新酒の熟成の具合を推し量ることもできるようです。
 この他にも、日本酒を造る道具や蔵人や杜氏の宿舎なども見学しました。
by himeji-science | 2010-08-23 14:44 | 日常

f0191517_18482325.jpg 17日(火)、18日(水)の二日間、科学館4階の講義室・実験室・工作室・第三会議室において、生活科・理科研修会(後援:兵庫県教育委員会・姫路市教育委員会)が行われました。姫路市内だけでなく、神戸・西宮方面の小学校の先生方、35名が「自ら働きかけ、自ら解決できる子の育成―考察・吟味力を高めるための仮説設定力―」のテーマで、生活科部会・3年部会・4年部会・5年部会・6年部会に分かれて、各学年の単元を決めてテf0191517_18485891.jpgーマに基づく単元構成に取り組んでいました。
 講師先生(大阪教育大学教授:松本勝信先生)から、「子どもの姿があまり見えてこない。これではだめだ。」と厳しい指導を受けながら研修を進める姿を見て、「もっと、もっとこだわりを持って、理科に取り組んでほしい。こんな研修がもっともっと必要なんだ。」と、一人思っていました。研修員の先生方、お疲れさまでした。
by himeji-science | 2010-08-19 18:49 | 想い

f0191517_1372580.jpg 昨日(17日)、今日(18日)と「空飛ぶカ・ガ・ク」特別展が新聞に載ったせいか、今日(18日)開館時刻から写真のように大変たくさんのお客様が、この特別展にお越しになっています。改めて新聞による広報のすごさ・反響に感心しています。記者発表・取材はもっと以前にあったのですが、いつ載せていただけるのかヤキモキしていました。(ホッとしました。)
 これを機にもっともっと今回の特別展のおもしろさを一人でも多くのお客様に体験していただきたいと思っています。
by himeji-science | 2010-08-18 13:10 | イベント

f0191517_157633.jpg 今日(15日)、甲子園に関心(兵庫県代表:報徳学園と福井県代表:福井商業が2回戦突破をかけて対戦)が集まっているにもかかわらず、開館時刻から大変たくさんのお客様がお越しになっています。常設展示の観覧はもちろんのこと、プラネタリウム・特別展(空飛ぶカ・ガ・ク)も入場整理におわれるほど行列ができています。ありがたいことです。
 来館者の笑顔や歓声にふれながら、「今から65年前f0191517_1575914.jpgの今日、日本は終戦を迎え、その戦争で多くの犠牲があって、現在、平和な世の中になっていることを忘れてならない。」と強く思っている次第です。
by himeji-science | 2010-08-15 15:09 | イベント

f0191517_17215480.jpg 今日(14日)、博物館実習が終わりました。この2週間(実習生によっては1週間)、日頃の科学館の業務をあるがままに実習してもらいました。終盤に、化石タッチングや自然のお話し会をSA(サイエンスアテンダント)や館職員に代わって、お客様に行いました。まだまだぎこちないところも見受けられましたが、一生懸命やっている姿勢にお客様はつい心を惹かれてしまっている様子でした。
 実習生の一人が「感謝の心を忘れずに、今日も科学館の実習に臨みます。」と日誌に記述していたのが印象的でした。2週間、お疲れさまでした。
by himeji-science | 2010-08-14 17:23 | 想い

f0191517_9114423.jpg 8月2日(月)より、科学館1階エントランスホールで、姫路市立姫路高等学校サイエンスキャリアコースの生徒の皆さんが、来館者に実験工作教室を開いています。今年でもう3年目になりますが、理科を専攻している生徒たちが1学期から材料・実験工作のプレゼンテーションを準備し、お客様に実験工作を体験していただくことを通して、人に教えることの難しさや喜びを味わい、これからの進路を考えていく貴重な機会となっています。シンプルモーター・ぶんぶんぜみ・水笛・空気砲・プロペラカーなどの工作体験を指導してくれています。1日6回(10:30~、11:30~、12:30~、13:30~、14:30~、15:30~)開催しています。
 残念ながら今日(10日)、明日(11日)の二日間しかありません。プロペラカー・空気砲・光のルミナリエを工作します。どの回とも先着10人です。夏休みの課題工作として科学館に足を運んでみませんか。
by himeji-science | 2010-08-10 09:14 | 館内案内

f0191517_15303094.jpg 毎年恒例となっています夏のプラネタリウム:CDコンサートが昨日(7日)より始まりました。今年の夏のCDコンサートは、8月の毎週土曜日(7日・14日・21日・28日)の17:00~17:45に行います。今回は「星空をあなたに」をテーマに、テーマにちなんだ曲を聴きながらプラネタリウムに映し出される星をご覧いただきます。
 昨日のコンサートでは、CDによる音楽だけでなく、オカリナ奏者:高山真純さんのオカリナの生演奏を聴きながf0191517_15313080.jpgら星空をご覧いただきました。参加されたお客様が「生演奏もいいね。」「オカリナの音色が星空を眺めるのにぴったりだったね。」と話されているのを聞き、年に1度くらいの割合で考えてみてはと担当職員と話した次第です。また、高山さんの姫路のまちづくりに対する熱い思いも聞くこともでき、大変有意義なコンサートとなりました。
 まだあと3回聴く機会があります。プラネタリウムで夏の夕べのひと時を過ごされてみてはいかがでしょうか。
by himeji-science | 2010-08-08 15:33 | 館内案内

f0191517_17234279.jpg 8月2日(月)から、3名の大学生が姫路科学館で博物館実習を行っています。(毎年、博物館実習の受け入れを行っています。)実習の内容としては、プラネタリウム投影時のアナウンス研修・標本作製・実験実技教室の補助・自由参加の科学教室での工作指導・化石タッチングなどです。また、先日、小林コレクションの見学も研修に入れました。たくさんの貴重な鳥剥製や昆虫標本を見て、大変驚いていましたが、これらの収蔵資料を科学館f0191517_1724375.jpgが収蔵していく意義や苦労を職員から聞いたことで、科学館や博物館に対する見方や考え方が変わったことを実習ノートに記述していました。
 将来、科学館や博物館に勤めたいと考えている実習生もいますが、現在、姫路科学館をはじめ全国各地にあるこのような施設で働くことには非常に厳しい状況があることも職員から知ったようです。「科学館・博物館に夢を持って働きたいと思っている人がたくさん働けるそんな世の中は来ないものか・・・・」と実習生の研修を見ながら思った次第です。
by himeji-science | 2010-08-07 17:26