f0191517_1494646.jpg 9月25日(土)から、姫路科学館1階エントランス(玄関入口を入ったところ)で、「宇宙の日」記念全国小中学生作文絵画コンテストに応募されたうち入賞した作品を掲示しています。今回のコンテストでは、「宇宙を利用した未来の○○」がテーマに設定され、宇宙だからできる楽しいこと・宇宙を使った便利なこと・新しい宇宙の使い方や夢等を表現した作品が多数寄せられました。特に、作文においては中学生部門で、姫路市内の中学生がリモート・センシング技術センター理事長賞(全国五席内に相当する賞)を受賞しました。
 10月18日(土)まで掲示しておりますので、是非ご覧ください。
by himeji-science | 2010-09-27 14:11 | 館内案内

f0191517_1103318.jpg 「いつまで猛暑、真夏日がつづくのやら・・・」と思っていた矢先に、彼岸入りしてから(特に22日の中秋の名月を境にして)めっきり涼しくなりました。それに呼応するかのように、また、彼岸を待っていたかのように、田畑のあぜ道沿いや河川の土手にヒガンバナの赤い花が突然顔を見せています。この花が土手一面に、また、あぜ道沿いに赤いじゅうたんのように咲かせる様は壮観です。
 植物の季節を感じる力と本格的な秋の訪れを感じさせてくれるヒガンバナに感心するばかりです。
by himeji-science | 2010-09-25 11:01 | 植物

f0191517_105595.jpg 2010年の年中行事「十五夜」は、今日:9月22日(水)です。「十五夜」を中秋の名月ともいい、日本では古くからお月見をする習慣があります。(日本では、縄文時代から月を愛でる習慣があったそうですが、中国の「中秋節」の習慣が平安時代に伝わってきて旧暦の8月15日に年中行事「十五夜」が定着したようです。)
 今日(22日)、姫路城の三の丸広場で観月会が行われますが、姫路科学館からも天体望遠鏡による観望会を三の丸広場の一角で実施します。お天気が心配ですが、是非、観月会にご参加の合間にお寄りください。
 写真は、お天気が心配だったので昨日(21日)午後10時ごろに自宅前で撮影した月と木星(この時刻には、月の東側に明るく輝いているのが確認できました)です。
by himeji-science | 2010-09-22 10:09 | 日常

f0191517_17103049.jpg 姫路科学館前の道路(太市に続くバス道)沿いの街路樹(クロガネモチ)の植え込みに今、アメジストセージ(シソ科)が鮮やかな青紫色の花を咲かせています。花の青紫色を宝石のアメジストの色に見立ててこの名がつきました。この種は、常緑の多年草で、毎年9月~10月にかけて美しい花を咲かせ、来館者の気持ちを和ませてくれています。サルビアの仲間で、ハーブの一種です。乾燥させた葉をハーブ葉(よう)といい、生薬にします。消化・殺菌・精神安定・強壮等の効能があります。
 科学館に来られましたら、是非、この花をご覧ください。
by himeji-science | 2010-09-18 17:11 | 植物

f0191517_16432965.jpg 科学館の周りの林には、アベマキ・コナラ・クヌギ・アラカシ・コジイなどドングリが生る樹木がたくさんあります。先日(9月10日ごろ)、科学館裏の林に足を踏み入れた時、林床に緑色のドングリをつけたクヌギの枝が落ちているのを見かけました。それを見て、「今年もドングリが生る時期になったんだなあ。」と思いつつ、今日(16日)、再度、科学館周辺の木々を確かめました。まだまだ若々しい色をしたドングリですが、どの木にもドングリをたくさんつけているのを現認することができました。また、近々ドングリ拾いに行こうと思っています。
 姫路城郭図書館北側の堀沿いでアベマキのドングリ・市役所玄関前にはマテバシイ
がたくさん落ちていますよ。ドングリゴマを作るにはもってこいのドングリですよ。
by himeji-science | 2010-09-16 16:46 | 植物

f0191517_1011182.jpg 9月に入っても猛暑続きで、日中は秋の気配など感じませんが、日が暮れるとコオロギの虫の音が聞こえてきて、秋がそこまで来ている(?)ようには感じるようになりました。そんな中、昨日(8日)台風9号が通り過ぎ、昨晩から今日の朝方にかけて涼しい風が吹き、久しぶりに気持ち良く眠ることができました。また、科学館に出勤道中、空にひつじ雲(高積雲)を見かけ、昨日夜からの涼しさとともに秋を実感しました。
 日中はまだまだ30℃を超える真夏日、35℃を超える猛暑日があるとは思いますが、確実に秋がやってきています。また折に触れ、秋を感じる事象を紹介したいと思います。
by himeji-science | 2010-09-09 10:02 | 日常

f0191517_1154364.jpg 姫路科学館は、大勢の来館者でにぎわった学校の夏休み期間も無事終わり、7日~9日の三日間休館しております。(7日:休館日、8日・9日:臨時休館日)ただ誤解のないようにお願いします。休館といっても、職員がお休みしているわけではありません。この間を利用して、お客様の来館時にはできないプラネタリウムおよび常設展示の保守点検・照明器具の整備点検などを随時行っています。今日(8日)は、保守点検業者によって常設展示の保守点検を行っています。写真は、エントランスホール天井から吊るしている実物軽飛行機のワイヤーの点検とほこりの清掃の様子です。
 職員は、その点検の立ち会いおよび各階の職員による点検をはじめ、事務処理・イベント案内作成・電話対応・10日以降のお客様対応準備にと忙しく勤務しています。
by himeji-science | 2010-09-08 11:55 | 日常