今日から二日間、JPA近畿地域ワーキンググループプラネタリウム研修会を開催しています!!

 今日(28日)午後2時より、4階講義室において「平成22年度JPA(日本プラネタリウム協議会)近畿地域ワーキンググループプラネタリウム研修会」を開催しております。この研修会を2年連続で姫路科学館で行っていますが、今回はプラネタリウムを持っている近畿地域の各施設から40名の参加がありました。「魅力あるプラネタリウムの投影をするにはどうすればよいのか」「プラネタリウムのリニューアルが関東を中心に進むなか、近畿のプラネタリウム施設では何をプラネタリウムの投影で来館者に伝えるのか」「プラネタリウムの魅力をどのように引き出していくのか」など、ワークショップ・パネルディスカッション・模擬投影等を行いながら研修を深める予定です。
f0191517_16485120.jpg 開会行事に引き続き、栂井靖弘氏(関西ブーメランネットワーク代表)・戸田拓夫氏(日本折り紙ヒコ―キ協会会長)によるワークショップ「明日から使える工作教室」があり、私も参加させてもらいました。元に戻ってくるブーメランやよく飛ぶ紙飛行機を作るポイントをわかりやすく教えていただきました。「好きなことを極める。好きなことを伝える。そんな素敵な体験は、プラネタリウム解説者に共通する」という理由で、お二人を講師にお願いしたのだそf0191517_165004.jpgうです。
 この後も、熱気のこもった研修が繰り広げられ、きっと姫路科学館のプラネタリウムの投影もこれまで以上に魅力のあるものになると思います。楽しみです。

by himeji-science | 2011-02-28 16:50 | 日常

「第25回未来を描く科学絵画展」授賞式がありました!!

f0191517_17202752.jpg 今日(13日)、午前10時30分より4階講義室において「第25回未来を描く科学絵画展」の授賞式がありました。金賞(10人)・銀賞(20人)・銅賞(30人)に入選された姫路市内の小中学生一人一人に賞状と記念品そしてメダルの授与がありました。
 名前を呼ばれて賞状をもらう時は緊張した面持ちでしたが、姫路東ロータリークラブの方からメダルを首にかけていただくと何とも嬉しそうな表情に一変しました。そしf0191517_1722483.jpgて、受賞後、姫路市小学校図画工作代表校長より講評をいただきました。「これからも自分の力で思い思いに未来を描いてほしいです。そして、皆さんの中から、一人でも画家になる人がでてきてほしい・・・・・・」という熱い先生の思いを受賞者全員が真剣に聴いていました。
 次回はどんな力作が見られるか、今から待ち遠しいです。f0191517_17232680.jpg

by himeji-science | 2011-02-13 17:23 | 館内案内

真心(おもてなしの心)のある対応の大切さ!!

 最近のニュースを読んでいて、「姫路科学館も心がけなければ・・・・・」と思う出来事がありました。
 それは、1月下旬、北陸地方に大雪が降った時の出来事でした。大雪のため、特急サンダーバードがJR今庄駅あたりで立ち往生し、JR職員が徹夜で除雪作業に取り組み、30時間遅れで大阪に到着しました。そして、JR職員は「お客様に大変迷惑をおかけしてしまった。申し訳ない。」という思いでいっぱいであったのに、大阪駅に降りた多くの乗客から「ありがとう!」とお礼を言われたそうです。また、その後、今庄駅にお礼のお手紙が多数届いたそうです。
 この記事を読み、「お客様のために真心を持って一生懸命取り組んだことは、お客様には何も言わないでも伝わるんだ」ということを改めて感じました。まさにこれこそ「ほんもののおもてなしの心」だと思いました。この事例を手本にして、姫路科学館もよりいっそうの「おもてなし」を心がけたいものです。

by himeji-science | 2011-02-12 17:21 | 想い

科学館周辺の山が見事に雪化粧!!

f0191517_10504613.jpg 今日(11日)、出勤途中、ふと夢前川の橋から周りの山を見ると、まるで山一面に白い花が咲いたように美しく雪化粧されていました。きっと、姫路科学館の周りもそんな景色が見られるだろうと思い、科学館に着くや否や、科学館の正面、そして5階展望室に行き、デジカメで何枚も写真を撮りました。
 特に展望室からみた星の子館周辺の雪化粧が本当にきれいでした。(大雪で困っておられる地域の方もたくさf0191517_10522026.jpgんいらっしゃるのに・・・・・申し訳ございません。)
f0191517_1053049.jpg

by himeji-science | 2011-02-11 10:53 | 日常

「第1回全国理工系学芸員展示研究会」を開催しています!!

f0191517_14252220.jpg 昨日(9日)・今日(10日)の二日間、4階講義室において「第1回全国理工系学芸員展示研究会」を開催しています。これからの「科学館の展示の在り方」「科学館における理工系学芸員の役割」「学芸員の現状」などについて研究討議し、学芸員同士・科学館同士の交流をより図ろうと、全国から学芸員の皆さんが姫路科学館に足を運ばれています。私もこの会に参加させてもらっていますが、どの学芸員も仕事に対する熱意と夢をしっかり抱いf0191517_1427548.jpgておられることに感心しました。今回討議したことを全国のすべての科学館施設に発信することにより、学芸員の資質能力の向上と意識の高揚をさらに図ってほしいものです。
 ところで話は変わりますが、姫路科学館としてはショックなことがありました。それは、『昨日、ある学芸員の方が、この研究会に参加するためにJR姫路駅からタクシーに乗り「姫路科学館までお願いします。」と運転手に言うと、「はい、わかりました。」と車を走らせたそうですが、到着した先は何と姫路文学館だったそうです。「いいえ、ここは違うのですが」と言うと、次に行ったところは歴史博物館であった』ことです。姫路のタクシーの運転手の中にも姫路科学館の所在を知らない方がいらっしゃるのです。本当にショックでした。(もっと広報しなければ・・・・・・・・)
 姫路科学館は、姫路市青山1470-15(JR姫路駅からだと、車で国道2号線を西に約20分走る→夢前川を渡ったところの信号を右折→約0,5㎞走ったところの信号を左折→約1,5㎞走ったところ)にあります。

by himeji-science | 2011-02-10 14:29 | イベント

激突、トラツグミ!!

f0191517_10251321.jpg 7日(月)のことですが、館長室で仕事をしていると、いきなり「ドン!」と、何かが館長室南の大きなガラス窓にぶつかった大きな音(事務所の職員にまで聞こえるほど)がしました。「あっ、また、鳥がぶつかったな。」と窓のところに行き、外を覗くと、トラツグミが大の字に羽を広げてうつぶせに倒れていました。(その写真を撮れなかったのを悔んでいます。)何かに追われていたのか、あるいは窓ガラスがあるとはトラツグミには見えなかったのか分f0191517_10255691.jpgかりませんが、かなりの勢いで激突していました。窓ガラスにも激突の跡が残っています。たぶん昇天すると思っていたのですが、5分程経て覗いてみると、写真のように羽をたたみ、放心状態でじっとしていました。それから10分ほどして再び覗いた時には、もう姿がありませんでした。「脳しんとうぐらいで何とかすんだんだな。よかった。」とほっとしました。
 姫路科学館の窓ガラスは相対的に大きなものが多いので、よく鳥がぶつかります。そして、よく激突死をしています。そんな鳥は剥製にするようにしています。今回はトラツグミにとっては命を失わずにすんでよかったと思います。

by himeji-science | 2011-02-09 10:26 | 日常

親子で「手作り味噌づくり」に参加しました!!

f0191517_1734054.jpg 昨日(6日)午後1時30分より4階講義室において、姫路科学館友の会主催の「手作り味噌づくり」がありました。私はこの日が公休日にあたっていたので、娘と一緒にこの味噌づくりに参加しました。(この日の朝に作った味噌を熟成させるための味噌桶を用意していたのに、エプロン・三角巾・マスク・使い捨てゴム手袋ばかりに気が入ってしまっていて、科学館に着くまで持ってくるのを忘れてしまっていました。娘だけ講義室に残し、あわてて取りに戻りました。)f0191517_1742390.jpg
 娘と一緒に蒸した大豆を潰すのですが、汗が噴き出るほどなかなか重労働でした。前回も経験したのですが、1年ぶりということもあり、ほとんど初体験と同じような感じでした。でも、娘と一緒にできて楽しかったです。味噌桶に10月まで熟成させ、それ以降に使用するのが今から待ち遠しいです。本当に楽しかったです。

by himeji-science | 2011-02-07 17:05 | 日常

「第10回ゴムワングランプリ決勝大会」みなとドームで開催!!

f0191517_17353965.jpg 今日(5日)、みなとドームにおいて「第10回ゴムワングランプリ決勝大会」を開催しました。姫路科学館以外を会場として行うのは今回が初めてで、大会が盛り上がるのだろうか、参加者が多数あるのだろろうか・・・など心配をしておりましたが、各学校の先生方・保護者、そして、ロボ・チャレンジ実行委員会のみなさんのおかげで、総勢150名余りの方が会場にお越しいただき、楽しい大会(次回につながる大会)になりました。ゴムワンカーレースf0191517_17362575.jpg(ベーシック部門:小学生のみ、フリースタイル部門:年齢を問わない、団体部門:1チーム同一小学校児童5人)、ゴムワンカーを作る工作教室、高校生によるロボ・チャレンジミニがあり、予想以上の楽しい大会となりました。今回はじめて団体部門を設けましたが、13チームのエントリーがあり今までにないゴムワングランプリとなりました。
 会場も広く、また、天候(天気・風など)も気にせず運営f0191517_17374152.jpgできたので、参加者も「いつもより走らせやすかった」という声が多くありました。ベーシック部門で、大会新記録(25m01㎝)が出ました。今から次回が楽しみです。
f0191517_17383527.jpg

by himeji-science | 2011-02-05 17:39 | 館外イベント