ジャンボ「七夕 ささ飾り」(プラネタリウム入口前)!!

f0191517_16211961.jpg 昨日(29日)から、姫路科学館プラネタリウム恒例の七夕特別投影「たなばた星まつり」(平成8年度から継続実施)がスタートしました。それに関連して、プラネタリウム入口前にジャンボささ飾りをセットしました。今年のささ飾りはこれまでで最大の大きさで、高さ約10mあります。一昨日の休館日(28日)に飾り付けをし、写真のようにセットしました。
 今年もたくさんの幼稚園・保育園が七夕投影を見に来てくれています。エントランスに入って、このジャンボささ飾りを見て、「うわっ、大きい!」「すごいささ飾り!」と驚きの声をあげています。七夕特別投影は、7月7日(木)までの開館日の9:45~、11:00~に行っています。是非、この七夕特別投影とジャンボささ飾りをご覧いただきたいものです。

by himeji-science | 2011-06-30 16:22 | 館内案内

クワガタおはなし会!!

f0191517_1854619.jpg 昨日から開催しています特別展「めざせ!クワガタ名人‼」において、クワガタのおはなし会を行っています。(開催期間中の毎週土・日各2回:11:00~、13:30~)
 このおはなし会では、播磨クワガタ同好会のメンバー(クワガタ愛好家・市内小学校教員など)が、この特別展をご覧になっている方々に、クワガタの生態、種類、採集・飼育の仕方などについて、実物・映像を使って分かりやすくお話しされます。
 今まで知らなかったことを聞かせていただいたり、自分でも飼育・採集したくなるような気持ちにさせてもらえたりすること間違いなしです。この機会に一度おはなし会に来られてはどうでしょうか。

by himeji-science | 2011-06-19 18:07 | 館内案内

姫路科学館恒例の特別展「めざせ!クワガタ名人‼!」はじまる!!

f0191517_16511385.jpg 今日(18日)から、姫路科学館1階特別展示室において特別展「めざせ!クワガタ名人‼」がはじまりました。今回は、クワガタ・カブトムシレースコーナーを設け、開催期間中の土・日に各4回(10:00~、12:00~、14:15~、15:15~)参加希望者によるレースを行います。今日の様子ですが、幼児・小学生には大変人気のあるコーナーになっています。
 この特別展では、次のようなことをねらっています。f0191517_16523374.jpg
○クワガタ・カブトムシにいち早く興味・関心をもっていただき、夏休みの自由研究への意欲を駆り立てて ほし い。
○「クワガタ・カブトムシのことなら、これでもうバッチリ!これらの昆虫のことなら、ぼく・わたしにおまかせ!」と、自分でクワガタ・カブトムシを採集したり飼育したりできる、また、友だちにこれらの昆虫のことを教えてあげられる人になってほしい。

 是非、来館者の皆様に、昆虫の王様:クワガタそしてカブトムシを心ゆくまでご覧いただきたいものです。

by himeji-science | 2011-06-18 17:01 | イベント

名古屋市科学館を視察して・・・・・!!

f0191517_22202560.jpg 昨日(16日)、この3月にリニューアルオープンした名古屋市科学館を視察してきました。今回の目的は、主に先進施設「名古屋市科学館プラネタリウム」についての事前レクチャー・プラネタリウム投影見学・姫路科学館プラネタリウム映像システム検討会メンバーと名古屋市科学館天文担当職員との意見交換でした。
 午前10時30分に名古屋市科学館に到着したのですが、平日にもかかわらず科学館入口には、観覧券を購入f0191517_2221884.jpgしようとするお客様で長蛇の列を成していました。上記の事案は午後からでしたので、午前中は、常設展示を思い思いに見学しました。館の広さと展示物のダイナミックさには驚きました。職業柄か、姫路科学館の常設展示と比べてしまい、少し注文をつけたい個所がいくつかありました。午後のプラネタリウムは圧巻でした。最新鋭の全天周映像システムの迫力ある映像に感心しっぱなしでした。後の意見交換でも、プラネタリウムがお客様を呼f0191517_22232321.jpgびよせていることを聞き、ますます姫路科学館もこのシステムの導入を是非実現させなくてはという思いが募りました。

by himeji-science | 2011-06-17 22:25 | 日常

雨に映えるようにキンシバイが美しく咲いています!!

f0191517_159028.jpg 姫路科学館駐車場の南側から西側にかけての生垣に、今、鮮やかな黄色をしたキンシバイ(オトギリソウ科)の花が黄色鮮やかに咲いています。梅雨時に花を咲かせ、雨や雨上がりにこの花は一段と映えるように思います。
1760年頃に中国から日本に渡来し、今では、北海道を除く日本各地で植栽されています。黄色の雄しべを「金の糸」に、5弁の花を梅にたとえてキンシバイ(金糸梅)と名づけられています。

by himeji-science | 2011-06-13 15:09 | 植物

着々と「めざせ!クワガタ名人!!」の準備が進んでいます!!

 今年度も特別展「めざせ!クワガタ名人!!」を6月18日(土)から姫路科学館1階特別展示室において開催します(7月10日まで開催)。毎年、夏休み前にこの特別展を企画するのですが、その年々、来館者の皆様に「何を伝えたいのか」「どんな体験をしていただくのか」「なぜこの時期にこの特別展をするのか」など、担当者がしっかりこだわり・テーマを持って企画するようにと注文をしています。
f0191517_17342530.jpg 今回は、クワガタ・カブトムシレース体験、世界三大クワガタ(マンディブラリスフタマタクワガタ・ギラファノコギリクワガタ・パラワンオオヒラタクワガタ)の生体展示を計画しています。また、クワガタ・カブトムシタッチング、世界三大クワガタ以外の世界・日本の生体及び標本・採集から飼育そして標本作りの解説なども工夫を凝らしながら展示します。また、特別展示室入口の看板も、写真のように迫力ある看板を市内の小学校の先生に描いていただきました。この特別展をご覧いただければ「クワガタ・カブトムシのことならバッチリ・おまかせ!」です。是非、お越しください。

by himeji-science | 2011-06-11 17:38

大好きな花の一つ、ヤマボウシ!!

f0191517_11111865.jpg 今、姫路科学館館長室南側の庭にヤマボウシの花が咲いています。例年に比べ、花つきがよく、木全体に多数の花を咲かせています。白色の4枚の花弁のように見える部分は総苞片(つぼみを包んでいた葉)で、4枚の総苞片中央にあるのが花(淡黄色の小さな花が多数集まって球状になっている部分)です。この白い総苞片が白い頭巾をかぶった山法師を連想させるところからこの名がつきました。果実は9月頃にイチゴを連想させるように赤く熟し、食べられます。
 学生時代、植生調査で山中で見たのが最初で、その時の鮮やかな白色が今でも心に残っています。

by himeji-science | 2011-06-09 11:12 | 植物

ウツギの花、今が盛り!!

f0191517_1522045.jpg 姫路科学館西側通用口を入った通路のり面に、ウツギが枝垂れるように多数の白い花を咲かせています。太市に続く道路の北側(姫路科学館西側通用口の北側)にも一株、この木の花が美しく咲いています。♪卯の花の匂う垣根に~♪と歌われている「卯の花」とは、この木の花のことです。枝を切った断面の真中に穴が空いているのを見ることができます。このことから、「空木(ウツギ)」と名がつきました。

by himeji-science | 2011-06-06 15:05 | 植物

平成23年度「姫路科学館友の会研修旅行」-福井県立恐竜博物館-!!

f0191517_15505052.jpg 6月4日(土)に姫路科学館友の会の研修旅行があり、福井県立恐竜博物館に行ってきました。64人の参加があり、午前7時45分に姫路駅南バスターミナルを出発しました。行く道中、恐竜博物館をはじめとする福井県の見どころについてガイド役を担いました。(足らずについてはバスガイドさんがしっかり補ってくださりました。)
 正午過ぎに到着し、恐竜博物館を見学しましたが、展示のすごさに感動しました。入口からタイムトンネルを通f0191517_1552346.jpgって恐竜の世界に入っていくようなつくりになっていること・恐竜の骨格標本(模型)が360度、どの方向からも見られること・背の高いものも下から上まで人の目線で見られること・順路が表示されているわけではないのに意識しないでも自然な状態で順に見られるような配置が工夫されていることなど、お客様が堪能できるしくみが随所に施されていることに感心しました。姫路科学館も負けないようさらに改善工夫に努めたいと思いました。

by himeji-science | 2011-06-05 15:55 | 日常

花が白色から紅色に変化するハコネウツギ!!

f0191517_165796.jpg 今、姫路科学館人工池に続く水路の南岸にハコネウツギの花が美しく咲いています。この花は咲き始めは白色ですが、日が経つにつれ、桃色そして紅色に変化していきます。ハコネウツギ(箱根空木)という名がついていますが、箱根にはあまり自生していないそうです。
 1本の木や枝に白花と赤花をつけるところから、源氏の白旗、平家の赤旗をもじって、ゲンペイウツギ(源平空木)ともよばれます。水が流れる縁に涼味を誘うように咲く様は何とも言えない趣があります。

by himeji-science | 2011-06-02 16:58 | 植物