大上宇一物語展を見てきました!!

f0191517_1113437.jpg 先日(22日)、たつの市立埋蔵文化財センターで開催されている「大上宇一物語展」を見てきました。姫路科学館は、この企画展を開催するにあたり、姫路科学館所蔵のベニテングタケの標本(キノコ研究家:平山吉澄氏が採集したもの)やコヤスノキの標本(この企画展に展示するために依頼を受け、天王山に自生しているコヤスノキを採集し姫路科学館職員が標本にしたもの)などの展示協力をしています。
 この企画展を見に行って感心しました。スペース的にはさほど広くはないのですが、ストーリー性に富み、見ごたえのある展示ができていました。見ながら姫路科学館も頑張らねば・・・・と思いました。
 ここで少し、大上宇一氏とコヤスノキのことについて紹介をしておきます。大上宇一氏はたつの市新宮町篠首に生まれ、独学で動植物を研究した播磨を代表する博物学者です。特に、1900年にはじめてコヤスノキを発見したことで世界的に名が知られています。
コヤスノキは兵庫県の西播磨地域から岡山県の東南部にのみ自生しているトベラ科の常緑低木です。
 ちなみに、大上宇一物語展は今日(25日)が最終日です。

by himeji-science | 2011-09-25 11:13 | 日常

「宇宙の日」全国小・中学生作文絵画コンテスト入選作品を展示しています!!

f0191517_11112135.jpg 9月23日(秋分の日)から、姫路科学館1階エントランスホールで、姫路科学館に寄せられた平成23年度「宇宙の日」全国小・中学生作文絵画コンテスト入選作品(今回のテーマ:「さぁ出発だ!宇宙への冒険旅行」)を展示しています。※「宇宙の日」(9月12日)は、1992年9月12日に毛利衛宇宙飛行士がスペースシャトルで宇宙に飛び立ったことを記念してそれ以降制定された記念f0191517_1112245.jpg日です。
 今回、姫路科学館で最優秀賞に選ばれた作文(姫路市立高丘中学校3年福井沙耶さんの作文「宇宙への旅立ち」)が全国審査において「日本宇宙フォーラム理事長賞」(応募総数2299点の中で作文の部・絵画の部それぞれ小・中各1点)に選定されました。大変素晴らしいことです。10月17日(月)まで展示しています。姫路科学館にお越しいただき、是非、これらの作品をごらんいただきたいものです。

by himeji-science | 2011-09-24 11:14

今日・明日「臨時休館」!!

f0191517_16511634.jpg 姫路科学館は、当初の計画通り今日・明日(21日・22日)、プラネタリウム番組装填と常設展示の保守点検のために臨時休館をしています。就業時刻とともに関連業者が各フロアに入り、番組装填・保守点検にかかっています。
 今日も台風15号の影響で姫路市全域に大雨・洪水・波浪警報が発令され、姫路市内の幼稚園・学校のほとんどが休校のため、開館時刻から科学館が開館しているかの問い合わせの電話が数多くかかってきています。「保守点検、番組装填のため休館」の旨を伝えるのですが、皆さん大変残念がられています。申し訳ございません。23日(金)からプラネタリウムは新番組「月夜の散歩」(一般番組)がスタートします。常設展示も万全の態勢で皆様をお迎えいたします。是非、この三連休にご来館いただきたいものです。

by himeji-science | 2011-09-21 16:53 | 日常

今年もたくさんカリンの実がなっています!!

f0191517_1124423.jpg 姫路科学館人工池そば(応接室南側)の庭園に、今年もたくさんのカリンの実(果実)がなっています。黄色く色づき熟すと、何とも言えない甘い芳香がします。新春の植物展ではこの実をいつも展示しています。
 カリンという名から「お金を借りん」と縁起を担いで庭に植えられたり、実を玄関先に飾ったりします。4月中旬ごろ、濃いピンク色をした花(サクラの花に似た5弁の花)を咲かせます。果実にはカリンポリフェノールという成分(効能:風邪やぜんそくの咳止め・痰きり)が含まれていて、喉の薬や果実酒に使われます。

by himeji-science | 2011-09-16 11:25 | 植物

夏の特別展「しくみ発見!からくりミュージアム」終了しました!!

f0191517_17251862.jpg 昨日(4日)、7月29日(金)から開催していました「しくみ発見!からくりミュージアム」が終了しました。台風12号の影響(3日から4日にかけて姫路地域は大荒れ模様、市川流域・夢前川上流地域では避難勧告まで出る中)で開催を心配していました「9月3日(土)・4日(日)からくり人形師:半屋春光氏による実演会」も無事行うことができ、有終の美を飾ることができました。さすがに3日は台風12号による天候悪化にともない、来館を控えるお客様もおられ、少し閑散としていましたが、4日(日)最終日は、台風のピークもすぎ(警報は発令中)、午後1時30分からの半屋氏による実演会には、100名を超えるお客様が特別展示室に来られました。参加者の数の多さに半屋氏も驚いておられました。開催期間を通して、17,436名の方がお越しになりました。ありがたいことです。
 次は「第47回姫路市児童科学作品展」(10月7日から23日:科学工作の部、10月28日から11月13日:調査研究の部)があります。小中学生の力作をすべて展示します。是非、ごらんいただきたいものです。

by himeji-science | 2011-09-05 17:25