f0191517_1247442.jpg 今日(28日)、姫路科学館「喫茶カフェ桜山」の前に、新春(2013年)を祝う植物を準備しました。準備した植物は、マツ(長寿の象徴)・タケ(すくすく伸びる)・ウメ(春を告げる)・マンリョウ(万両)・センリョウ(千両)・カラタチバナ(百両)・ヤブコウジ(十両)・アリドオシ(一両)・フクジュソウ(福寿)の9種で、それぞれ縁起の良い植物です。
 姫路科学館は、1月4日(金)より開館します。1月も「プラネタリウム展」「新春 第2回 “お楽しみ福袋”〈1月の土・日・祝日限定企画〉」など様々な催しを実施します。来年もよろしくお願い致します。また、2012年は、たくさんのお客様にお越しいただきました。心より御礼申し上げます。
by himeji-science | 2012-12-28 12:47

f0191517_14301015.jpg 今日(26日)は、2012年最後の開館日です。予想以上に開館開始時刻からお客様がお越しになっています。ありがたいことです。お客様の対応の傍ら、年を越す準備を清掃さんらが券売機の上や棚そして窓ガラスを綺麗に拭いてくださっています。そんな光景を見ながら、まだそんな気分になっていない自分に「机上の片付けも終わっていない・・・」「年賀状も書けていない・・・」と少し焦りを感じています。
 
by himeji-science | 2012-12-26 14:31

f0191517_16562272.jpg 1日12回(10:00~、10:30~、11:00~、11:30~、13:00~、13:30~、14:00~、14:30~、15:00~、15:30~、16:00~、16:30~)投影しているモバイルプラネタリウムを見ようと、連日たくさんのお客様が来られています。
 投影者・ドームスクリーンに映し出される映像とご覧になられる方との距離が近く、お客様には天体をより身近に感じる良い機会となっているようです。明日(25日)は休館日で、明後日(26日)が今年最後の開館日です。新年の準備でお忙しいとは思いますが、お時間を作っていただき、是非お越しください。
by himeji-science | 2012-12-24 16:57

f0191517_13562386.jpg 昨日(22日)から姫路科学館特別展示室において、企画展「プラネタリウム~星空から宇宙へ~」展を開催しております。(平成25年1月27日まで開催)
 この企画展では、姫路科学館のプラネタリウムで投影されたすべての番組のパンフレット・プラネタリウムの仕組みについての解説・プラネタリウムの部品(ランプ・恒星原板・投影機など)・プラネタリウムの歴史などの展示をしています。また、星座絵を映し出し、それを星座に重ね合わす体験ができるコーナーやモバイルプラネタリウムの投影を観覧できるコーナーもあります。モバイルプラネタリウムの投影は1日12回(10:00~、10:30~、11:00~、11:30~、13:00~、13:30~、14:00~、14:30~、15:00~、15:30~、16:00~、16:30~)行なっています。この企画展でしかご覧いただくことができないものが多数あります。一人でも多くの来館者にご覧いただきたいものです。
by himeji-science | 2012-12-23 13:58

f0191517_12142740.jpg 昨日(16日)、姫路ロボ・チャレンジ15回大会が盛況のうちに終わりました。ただ、少し物足りなさをも感じました。その理由は、現在プラネタリウムが設備改修のため休園中で、エントランス及び常設展示のフロアーがいつもの賑わいがありません。プラネタリウムは来年3月15日(金)まで休演していますが、姫路科学館は正常通り開館しております。(プラネタリウムが休演している=姫路科学館は休館していると誤解されている方がおられるようです。)もう一度言います。姫路科学館は、開館しています。12月22日(土)から、特別展示室において「プラネタリウム~星空から宇宙へ~」展を開催します(平成25年1月27日まで実施)。その他、常設展示でもいろいろな工夫を行なっています。是非、お越しください
by himeji-science | 2012-12-17 12:14

f0191517_18204360.jpg 今日(16日)午前9時50分より、昨日の「エントリークラス」に引き続き、姫姫路ロボ・チャレンジ第15回大会「スタンダードクラス」の二足歩行ロボット競技を行いました。昨日のエントリークラスのロボットより数段レベルの高いロボットが22台、「さがしてポン(自律競技)」「ロボトライアスロン」「ロボットバトルゲーム」の競技に熱戦を繰り広げました。動きの速さ・バリエーションの多彩さに来館者の皆様は「うわっ、すごい!」と思わず歓声を上げ、競技に夢中になっていました。今回のスタンダードクラスの特徴は、(どの競技者のレベルも上がったことにより)実力伯仲で、最後まで総合優勝者が分かりませんでした。本当に面白い大会でした。今から次回が楽しみです。
by himeji-science | 2012-12-16 18:21

f0191517_1439465.jpg 今日(15日)午前10時より、姫路科学館特別展示室において姫路ロボ・チャレンジ第15回大会「エントリークラス」を行なっています。小学生から大学生まで46名のオペレーターが各自のロボットを操作し、「姫路城築城(デモンストレーション)「ロボ・タイムアタック」「ロボットバトル」の競技に熱戦を繰り広げています。これまでの大会の出場経験校(姫路工業高等学校・飾磨工業高等学校・龍野北高等学校・県立尼崎工業高等学校・神戸科学技術高等学校・西脇f0191517_14405179.jpg工業高等学校)に加え、神戸工科高等学校・奈良県立王寺工業高等学校・立命館大学・千葉工業大学からの参加がありました。また一歩、「2足歩行ロボット甲子園」に近づいた感じがします。
明日は、スタンダードクラスの競技があります。是非、ご覧いただきたいものです。
f0191517_14414697.jpg
by himeji-science | 2012-12-15 14:42

f0191517_1843486.jpg 平成17年(2005年)12月に姫路ロボ・チャレンジ第1回大会を実施してから早いもので、この行事も今回で15回を重ね、姫路科学館にとっては無くてはならないオリジナルのものとなっています。今回は、15日(土)エントリークラスに46台、16日(日)に23台のロボットが出場する予定です。兵庫県下の高等学校だけでなく、奈良県の高等学校からの参加もあります。また、千葉工業大学・立命館大学・福岡工業大学からの参加もあります。どんな熱戦が繰り広げられるか楽しみです。
by himeji-science | 2012-12-14 18:45

f0191517_1691071.jpg 姫路科学館では、毎年、1月4日から新春を祝う植物に関する展示をエントランスまたは特別展示室で行っています。この展示には、必ず、マンリョウ(万両)、センリョウ(千両)、カラタチバナ(百両)、ヤブコウジ(十両)、アリドオシ(一両)の鉢植えを飾っています。そして、展示が終わってから、来年に向けてそれらの世話をするのですが、カラタチバナ、アリドオシはなかなか上手く育てられていませんでした。今年、科学館西側の自然園の林床にこの2種類をおいて世話をしたところ、どちらも枯れずにうまく育ってくれました。特に、カラタチバナは写真のように見事に結実し、赤く熟しました。このカラタチバナも含め、来年1月4日から来館者の皆様にご覧いただこうと思っています。
by himeji-science | 2012-12-10 16:09 | 植物

f0191517_1275355.jpg 今回の海外交流の最後二日間は、1992年にユネスコの世界自然遺産に登録された世界最大の砂島であるフレーザー島の自然にどっぷり浸かってきました。この砂島は、オーストラリア大陸の土砂が南太平洋に流れ込み、再び波風によって打ち上げられた砂の堆積によって70万年の年月を要してできた島です。(日本の鳥取砂丘の成り立ちとよく似ています。鳥取砂丘は、中国山地の土砂が日本海に流れ込み、日本海からの波風によってf0191517_1291245.jpg砂が打ち上げられて砂丘のような砂浜を形成している)そして、大変長い期間をかけて、その砂の上に熱帯雨林が形成され、自然の宝庫となっています。この島では、四輪駆動車しかも運転技術に優れたドライバーでなければ、島内の観光はなかかな難しいです。(ただ、私たちが宿泊したキングフィッシャーベイ・リゾート所有の観光バスによる観光は可能)海辺での走行は、ものすごく快適でしたが、熱帯雨林地帯に入っていく道は、砂道のダf0191517_12133919.jpgウンヒルであるため、バウンドし、ものすごくゆれ、お尻が痛くなりました。でも、湧き水がこんこんと流れ出て泳ぐことのできるElie Creek、鉄の酸化やミネラルによってオレンジ色・赤色・黒色に色づけられた侵食の様子が観察できるColoured Sands、難破船マヘノ号、カウリパイン・フープパイン・サティネーなど30mをはるかに超える熱帯雨林特有の樹木が生い茂るワングールバクリーク・自然の色とは思えないほどきれいな青色をしている湖面f0191517_12175368.jpgと純白のシリカサンドのビーチとのコントラストが美しいマッケンジー湖(淡水湖)など、フレーザー島ならではこその観光スポットを訪れることができ、大満足でした。また、野生のディンゴとの遭遇・ワングールバクリークやキングフィッシャーベイリゾート周辺の熱帯雨林に生育する様々な植物(巨大ビカクシダ類・バンクシア類・グラスツリー・キングファーン・ペーパーバーク・ストラングラ―フィグなど)の観察、そして、海辺で見た南十字星・天の川などf0191517_12201959.jpg
の星空の美しさ等、オーストラリアの大自然をたんのうすることができました。
f0191517_1225827.jpg
by himeji-science | 2012-12-03 12:25 | 日常