GW特別企画 第1弾!『こいのぼりロケットを飛ばそう』が講義室で行われました。
『どれだけ集まるかな?』
と、少し心配しましたが、
f0191517_11421800.jpg
ご覧のように、たくさんお越しいただきました。

傘袋に絵を描き、膨らませてくくり、ちょっとおもりを工夫して飛ばしてみると、案外飛ぶんですね。

目標は、6m。
見事クリアした人には、気持ちばかりのプレゼントを用意しています。
今日は、この後、15時からありますので、
「残念、行けなかった」
という方は、是非お越しください。また、今日行けなかった方は、5月5日にも同じ時間で行いますので、ご参加くださいね。


by himeji-science | 2015-04-29 11:49 | イベント

GWといいながら、お仕事の方も多いと思いますが、子どもたちにとっては
「やったあ!」
という大型連休です。

今日からGW特別企画として、イベントを行います

まず、4月29日は『こいのぼりロケットを作ろう』(講義室)

5月2日は『ゴム・ワンカーを走らせよう』(作るのは1階、走らせるのは講義室)

5月3日は、『ドライアイスロケットを飛ばそう』(外で。雨の場合は違う内容に変更)

5月4日は、『ゴム・ワンカーを走らせよう』(作るのは1階、走らせるのは講義室)

5月5日は、『こいのぼりロケットを作ろう』(講義室)

5月6日は、『ドライアイスロケットを飛ばそう』(外で。雨の場合は違う内容に変更)

いずれも①11時~、②15時~行います。ただし、講義室で行うものは、常設展示観覧券が必要になります。


『ゴム・ワンカーを走らせよう』では、作らずにレンタカーで参加し、距離を競うこともができます。作る場合には、材料費200円が必要になります。それ以外は、無料で参加できます。


また、4月29、5月1日~6日まで『科学館
mini検定』を開催します。問題を解き、キーワードを答えると、スタッフから素敵な星カードがもらえます。
楽しみながら、チャレンジしてみてください!


by himeji-science | 2015-04-29 09:36

『わくわくからだ大冒険』の会場に設置された巨大な「う〇ち」のオブジェ。
最初、
『誰が登るか!』
と思っていましたが、次々に登っていました。
f0191517_13371030.jpg
中には、う〇ちの上で『はい、ポーズ』
う~ん(笑)、子供ってわかりませんね?

同じ所に「骨格」「内臓」「筋肉」などが投影できるコーナーがあります。
壁の前に立ち、紺色の布を体にかけ、プロジェクターから「骨格」を映すと
f0191517_13365304.jpg
こんな風になります。
結構面白いと思うのですが、小さな子供さんには、不評のようで、一言

「こわい~」
でした。

今日は、朝から多くのお客様に来ていただいています。
『あれ?なんでかな??』
と思って話をすると、理由がわかりました。
一昨日にPTA総会と授業参観を実施した学校が多いようで、その代休で来ていただいたようです。

楽しみ満載の『わくわくからだ大冒険』GW期間中、是非お越しください。

by himeji-science | 2015-04-27 13:51 | イベント

以前、明石市立天文科学館から「宇宙メダカ」をいただき、育てていたのですが、残念ながら死んでしまい、その後もいただいたのですが、オス1匹だけになっていました。


あまりにさびしいので、先日、天文科学館にお願いし、少し分けていただきました。

水槽の中に婿入り、嫁入りして、群れて泳いでいる姿をみると、思わず

「よかったね」

と、声をかけてしまいます。

f0191517_15501130.jpg

1994年に向井千秋宇宙飛行士がスペースシャトルで宇宙に行った時、宇宙でのメダカの交尾、産卵の様子を観察し、8匹のメダカが産まれました。科学館で泳いでいるメダカは、その子孫です。
何代目になるのかわかりませんが
、ご先祖様が宇宙に行ったのかと思うと、がんばって生きてほしいなと強く思いますね。


今も、水槽の前で職員と話をしているとお客様が来られ、
「このメダカ、宇宙にいったんですよ」
「へえ~!!」
「このメダカのご先祖様ですけどね」
というような話をしました。
宇宙に行ったメダカではなく、宇宙に行ったメダカの子孫なんですが、びっくりされていました。

なんとか産卵させたいです。
科学館のエレベーター横の水槽にいますので、ご来館の際にご覧ください。


by himeji-science | 2015-04-25 16:02

きょうから、GWの特別展『わくわくからだ大冒険』が始まりました。朝から、「まってました」とばかりに家族連れの方々が大勢ご来場いただきました。やはり、科学館の特別展を楽しみにされていたのでしょうね。

f0191517_11473952.jpg

中には、お母さんと一緒にクイズを解きながらパネルをめくっておられる方も多く見かけました。

医学的なことは難しいので、子供たちは少し体験しながら、大人の方はパネルを見ながら

「あれっ?違ってた?」

「そうやったんか!」

など、一つでも二つでも感じてもらえばいいかなと思います。

f0191517_11475356.jpg

なにせ、サブタイトルは

『知ってビックリ見てビックリ〇〇〇のひみつ』

ですから。
ここで楽しみ学び、他の人に体の「うんちく」を披露してください


by himeji-science | 2015-04-25 11:57 | イベント

ルリタテハ 再び

昨日、ルリタテハのことを書きましたが、

「今日は、どうかな?」

と思いながら見てみると、なんと、今日もほとんど同じ場所にいたのです。11時前でした。

f0191517_16024555.jpg

ルリタテハはタテハチョウ科に属し、とても特徴のあるチョウで日本や近くの地域でも似たチョウはいないそうです。

翅を閉じている時の模様は、樹皮とよく似て、樹液や腐果に集まるようですが、林の中の木に止まっていたら、わからないだろうなと思いました。

やっぱり俊敏で、そ~っと窓を開け、いざ、撮ろうとすると、パッと逃げてしまいました。

それも

『ヒラヒラ、フワフワ』ではなく、

『キュッ、キュッ』という感じですね。

もとの場所に来る習性があるようなので、珍しいことでもないのでしょうが、とても得した気分でした。
by himeji-science | 2015-04-23 16:16

朝10時、館長室の窓に近づくと翅に瑠璃色の模様の入った「ルリタテハ」を見つけ、窓越しに写真を撮りました。

翅の瑠璃色が目に鮮やかで、とても印象的でした。

f0191517_15111837.jpg

やっぱり、写真では、あの鮮やかな瑠璃色は出ていません。本物にはほど遠いですね。
越冬するチョウで翅の裏面は、樹皮に似ています。

ガラス越しではなく、直接に撮ろうと窓を開けると、あっという間に高い所に飛んでいってしまいました。

図鑑によると

「敏速に飛翔し、春や秋の気温の低い時は、岩などで翅を広げて日光浴する。」「人の気配を察するとあっという間に飛んでいく」
と書いてありました。

そう言えば、今朝は少し冷えていましたね。

暖かくなって、ムシたちも動きだし、楽しみな季節がやってきました。


by himeji-science | 2015-04-22 15:21

4月25日(土)から始まる『わくわく からだ大冒険』の準備がすすんでいます。

f0191517_11590415.jpg
自分が食べたものがどうなっていくのかをパズルを見たり、クイズに答えたりしながら進んでいく体験型の展示です。

展示室の入り口を入ると、大きな口が出迎えてくれます。

f0191517_11592002.jpg

まだまだ、準備中なので、詳しく紹介できませんが、見ているだけで「わくわく」してきます。GWのお楽しみということで、是非お越しください。
会場が完成しましたら、会場内をご案内します。

『わくわく からだ大冒険』には、別途観覧料が必要になります。大人200円、小・中・高校生100円、幼児は無料です。


by himeji-science | 2015-04-22 12:03 | 館内案内

 ジュニア学芸員講座が今日からスタートしました。

 小学生から高校生まで11人の講座生が、自己紹介をしました。初めて参加する人が3人、2年目の人が2人、3年目の人が3人、4年目の人が3人、と継続して参加している人が多くいます。それだけ魅力的な講座だということでしょう。

f0191517_13544328.png

学校の勉強とは違った“学び”になります。自己PRのところには、

「山や海での野外調査をよく行っています」

「昨年度、きのこの研究で科学作品展調査研究の部で銀賞をとりました。まだまだわからない種も多く未熟ですが・・・」

「僕は、食虫植物・魚・オオサンショウウオに興味があります。最近は食虫植物を家で栽培したり・・・」

「私は、小さい頃から生きものが好きで、いつも虫をつかまえて遊んでいました。」

など、自然に対する深い思いが書けています。

また、ここで学んだことや体験したことを次のステップに生かせるようなことも考えている人もいます。


このジュニア学芸員講座には、専門の講師の方に来てもらい深い内容も身に着けています。ここでの活動が科学館の展示に生かされています。

早速活動の開始です。
f0191517_13553018.jpg
 きょうは、きのこの標本の確認です。ベテラン(?)3人が、まとめ役になり、一つ一つ標本と標本のデータを確認していきます。
 これから、1年かけて様々な分野の研修をし、自ら研究していくことになります。

「どのようなチームワークをつくっていきたいですか?」
の問いに
「互いの個性を認め合い、コミュニケーションを大切にして長所を最大限に役立てられるチームワークをつくっていきたい」
「互いの良さを分かり合い、その良さを活かし合って科学館のためにできることを見つけ出せるチームワークを作りたい」
「互いに協力し、それぞれが自覚・責任・協調性を持ち、受講及び実習に取り組めるチームワーク」
というようなことを書いています。学校も違う、学年も違う、経験も違う、思いも違う人たちが、仲間としてチームとして、絆を深めていくことでしょう。がんばってほしいですね。

1年間の取り組む様子を少しずつ紹介していきます。
楽しみにしてください!


by himeji-science | 2015-04-19 14:26 | 館内案内


科学館南側に2月に休憩所ができました。

館内で昼食をとる場所が少なく、お客様にご迷惑をおかけすることも多々あったのですが、屋外の休憩所ができたことで少しは解消されるでしょう。

f0191517_14022008.jpg


雨ふりの時(豪雨や横なぐりの雨ではさすがに無理ですが)や日差しがきついときに最適です。

 
今日のように、風は本当にさわやか!日差しがきつい、こんなとき、池のそばの休憩所に入れば、爽やかな春の風を肌に感じながら、日陰で過ごせる!


最高の季節です。


悲しいことにお客様がいない・・・


これから過ごしやすい季節がやってきます。休憩所で楽しくお弁当をひろげてください。


林を抜けてくる風と鳥のさえずりが皆様をむかえてくれます。


by himeji-science | 2015-04-17 14:11 | 想い