さぁ、今年の中秋の名月は、10月4日!!
「お天気は、どうかなぁ~」

キュートまわりも、すっかりお月見バージョンで、みなさんをお迎えしています。


f0191517_17303199.jpg




キュート「お~い、俺は?俺(キュートって、男やったっけ?)写ってへんでぇ~写ってないがな~」(笑)

「いやぁ~、ごめんね!!今ばかりは、中秋の名月、お月見が主役ってことで~」

まぁ、冗談はさておき、中秋の名月、みなさんで楽しめるといいですね。

4日は、姫路城三の丸広場で観月会があり、姫路科学館からも、望遠鏡を持ってお出かけし、月の観測会を予定しています。

「4日、天気になあ~れ!!」
# by himeji-science | 2017-10-01 14:26

「天王星って、どんな星???」
「う~ん、名前を聞いたことはあるけどなぁ・・・」
そんな人も多いんじゃないでしょうか・・・

今日、10月1日から、プラネタリウム、星空案内と宇宙の話題も、その「天王星」

f0191517_13253259.jpg

もとは、1781年にW.ハーシェル氏が発見・・・
その後、観測が進み、1977年の宇宙探査機ボイジャー2号の観測で、さまざまなことが明らかに・・・
その間、約200年・・・さまざまな歴史があたんだろうなぁ・・・
歴史はイコール人の夢、それに向かった努力の歴史ですよね・・・
考えただけで、大きなロマンを感じますねぇ・・・

「天王星って、ちょっと、変わり種なんだってぇ~???」
「環をもち、横倒しで自転???」

「ねぇ、ねぇ・・・早く観たいよぉ~」
大丈夫です。今日から毎日、姫路科学館に行けば、いつでも、何回でも会えますよ!!(笑)

さぁ、天王星の素顔と魅力を楽しみに、どうぞ、姫路科学館プラネタリウムにお越しくださ~い!!
投影時間は、ホームページ等で確認してくださいね。
また、プラネタリウムは、各回入れ替え制で、その都度、観覧券が必要となりますのでご留意ください。





# by himeji-science | 2017-10-01 13:49 | 天文

以前にご紹介した、常設展示2階の窓の外のジョロウグモ~
気がついたら、いなくなってしまっていました。

f0191517_10440881.jpg


そして、今は、エントランス出て、上池に向かったコーナーのところに巣を作っていて、観察することができます。


f0191517_10441240.jpg


無理にのぞきこむと危険なので、少し離れたところ(写真の矢印のあたり)からみるようにしてくださいね。

やはり、自然は生きているんですよね。だから、標本や常設の展示とはまた違って、流動的で、動いているんですよね。

だから、その時、その時、一期一会の出会いを大切にしたいなぁ~
そんな気持ちになります。

# by himeji-science | 2017-10-01 10:24

さぁ、今日から、第53回姫路市児童生徒科学作品展(科学工作の部)が始まりました!!
さっそく、たくさんの方にご来場いただき、熱心に目と心を注いでいただいています。
本当に、本当に、ありがとうございます。


f0191517_14504920.jpg


f0191517_14513062.jpg
入賞作品ばかりでなく、おしくも入賞をのがした作品も含め、各学校より選出、提出された全作品を展示しています。
ほんと、力作が勢ぞろいで、ひとつひとつの作品を見ていると、あっという間に時間がたってしまいます。
また、どれも、科学原理を利用した作品で、いろいろな動きをするので、できれば、実際に動かしてみて、お楽しみいただいきたいところではありますが、どれも、お預かりしている大切な作品です。手をふれて、動かしてみてということはご遠慮いただいています。ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
なお、入賞作品につきましては、会場内のモニタにおいて、実際に稼働しているところをごらんいただけるようにしておりますので、そちらでお楽しみいただきますよう、よろしくお願いいたします。


f0191517_14575420.jpg
科学工作においては、「こんなもの作ってみた~い」という、その子なりの想い、興味、関心が出発点であり生命線です。
そして、それを実現するために、科学原理をうまく組み合わせながら製作をする・・・そこが、何よりも大切なポイントだと考えています。入賞作品のみならず、会場内の作品からは、
「あぁ、この子は、こんなものを作りたかったんだぁ・・・この子は、○○が好きなんだなぁ・・・」
そんなメッセージが届いてきます。
ぜひ、スキルばかりではなく、一つ一つの作品との対話もお楽しみいただければと願っています。
科学工作の部は、10月23日までで、入場無料となっておりますので、どうぞ、ご家族、お友達、お知り合いをお誘いあわせの上、ご来館ください。
皆様のお越しをお待ちしております。


# by himeji-science | 2017-09-30 15:10

今日、木曜サイエンスサロンがありました。
今日は、「人を繋ぐ伝統産業、いぶし瓦の神秘」と題して、光洋製瓦代表取締役社長の笹田奈都子氏に、熱のこもった、そして、温かみのあるご講話をいただきました。私も、途中、来館者対応の関係で席を席をはずし失礼をいたしましたが、笹田様、本当にありがとうございました。

「いやぁ~、やっぱり、夢や想いのある方のお話は、含蓄がありますねぇ・・・魂を感じますねぇ・・・心にグッときますねぇ・・・!!」
ほんと、もっと、もっと聞いていたい・・・そんな、素敵なお話でした・・・


f0191517_15024356.jpg

f0191517_15254717.jpg

笹田氏のお話は、瓦づくりの概要やいぶしの技術、姫路城平成の大修理のことや、伝統的ないぶしの技術をインテリアにも活用すること・・・そして、責任をもって施行するところまで取り組まれていることや、ほんまもん体験を通した、体験、学習などなど・・・
その根底には、「伝統をつなぐことは、ひとをつなぐこと」という強い想いが脈々と流れていて、私はもちろんのこと、聞いている人の心をつかんで離しません・・・
やっぱり、”ひと”なんです”ひと”・・・科学や伝統工業はじめ、どんな分野にも、そこには、夢描いて、チャレンジを続ける”ひと”がいますよねぇ・・・
そして、夢は、世界に「いぶし瓦」を発信していくことなど、とどまることを知らず、現在も加速中、エンドレスです・・・
ほんと、素敵な、あっという間の2時間でした・・・

ちょっとしたエピソードですが・・・笹田氏は、予定の1時間半を過ぎたので、気をつかって放映中のビデオを途中で終え、講話を閉じられたのですが、参加者の強い願いもあり、延長・再掲し最後まで視聴して終わるというエンディングでした・・・
それが、今日のお話がいかに魅力あふれるものであったかということを如実に語っていますよね・・・
笹田様、本当に、本当に、ありがとうございました。

木曜サイエンスサロンは、このように、各界でご活躍の方を講師にお招きし、年間、前期、後期、各4回シリーズで開催し、毎回、それぞれの講師の方の魅力あるご講話で、大変好評をいただいています。
前期は、本日で終了しましたが、現在、後期の会員を募集中です。参加費は資料代として後期4回分で300円となっています。
内容は、ホームページ等でご確認ください。
お申し込みは、11月2日までで、定員は50名とさせていただいおりますので、どうぞお早めにお申込みください。


# by himeji-science | 2017-09-28 15:34